FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FileMakerでチャーム表示機能を実現する 9

いや〜どうも。

7月、そろそろ梅雨も明けますでしょうか?海へ山へと青春を謳歌したいですね。
そんな7月はあのセミナー、このセミナー、医療監視、べつのセミナーと、セミナー講師の資料を作りつつ医療監視の資料準備という忙しい月です。8月になれば少し楽になるといいな。

さて、このシリーズ最終回です。
スライドコントロールエリアで背景部が隠されないようにしましょう、ということですね。

では、さっそく。↓図を見て下さい。

▼スライドコントロールエリア2番目を選択して
スクリーンショット 3


▼塗りつぶしを「なし」に
スクリーンショット 4

作業はとても簡単です。
スライドコントロールの2番目を選択して、インスペクタから塗りつぶしをなしにするだけです。
これだけです。

スライドコントロール1番目はコントロールエリア一杯に黒のボタンを配置しているため特に作業は必要ありませんものね。

▼最終形
スクリーンショット 5

以上をもちまして本シリーズは終了です。
いかがでしたでしょうか?

え、この機能、何に使えるかですって?
いいんです!
別にこの機能がなくても何も困りませんが、クールじゃないですか!
それに、デスクトップだとあれですけどタッチデバイスには有効かも知れませんね。
では、See you next time.

後述
いつもお世話になっているp388cellさんからファイルを頂きました。頂いたのは氏が作ったこの記事のサンプルです。
中身を覗いてみるとプラグインを使ってスマートにこの記事と同様のことを実現していました。スクリプトもシンプルでさすがです!
プラグイン、FileMakerの機能だけでは実現が難しいまたは面倒な作業をいとも簡単に行える、そんな便利なものが沢山ありますね。
スポンサーサイト
[ 2016/07/19 00:42 ] TIPS | TB(0) | CM(0)

FileMakerでチャーム表示機能を実現する 8

いや〜どうも。

海の日も絡めて三連休らしいですな。世の中的には。
三連休ど真ん中、当直です。

さて、前回までで完成しているのですがもう少し続けます。
今回はボディ背景をもうちょっとWindowっぽく変えてみます。
↓図を見て下さい。背景を単色からイメージにしてみました。

▼Windowっぽいイメージ
スクリーンショット 1

このように変えると今までのやり方では↓図のように、スライドコントロールエリアがマッチしません。

▼スライドコントロールエリアがばればれ
スクリーンショット 2

ということで、ここを改善します。
その前に、まずはボディ部にイメージを配置するを簡単に説明します。
↓図のようにレイアウトモードからボディを選択し、インスペクタから好きなイメージを選択するだけです。

▼イメージの配置
160717-0003.png


そろそろ出勤ですので、今日はここまで勘弁して欲しいッス。
[ 2016/07/17 07:42 ] TIPS | TB(0) | CM(0)

FileMakerでチャーム表示機能を実現する 7

いや〜どうも。

昼間っから、かつおの刺身で冷やで一杯。いいねぇ。
でも、仕事がたんまりなんですよ、トホホ・・・

さて、今日はボタンっす。早速下図を見て下さい。
カーソルでポイントした時に色を変えます。

▼ボタンの色を変更
スクリーンショット 14


▼ボタンアイコンの色を変更
スクリーンショット 15

ここでは、割愛していますがもちろん文字の色も変えるッス。
はい、簡単でしたね。こうすると見栄えがいいでちょ。
下は「愛を注ぐ」にカーソルをあてています。

▼愛を注ぐ
160709-0001.png

はい、今日はここまでッス。
次回はもうちょっとWindowらしくしてみる、です。
[ 2016/07/09 16:42 ] TIPS | TB(0) | CM(0)

FileMakerでチャーム表示機能を実現する 6

いや〜どうも。

今日はサクッと出勤前に更新です。
前回で概ねできあがったのですが、もう少し体裁を整えましょう。

まずは、スライドコントロールの2番目の色です。
ここでは違和感のない様に白から背景色に変えます。

▼パネルの色を背景色に変更
スクリーンショット 11


ブラウズモードでみるとパネルがあるって事に気がつきませんねぇ。
でもカーソルを左端に持って行くとボタンが現れるわけです。

▼ブラウズモード
スクリーンショット 12


つづいて、パネル1の方にボタンを配置します。

▼ボタン配置
スクリーンショット 13

あとは、このボタンたちにもカーソルをあてた時に色が変わるように設定しますが、それは次回に。
今日は出勤前なのでここまでッス。

医療監視が迫ってまして書類作りに精を出しています。
夜に精を出したいんですがね。うふっ。
[ 2016/07/08 05:51 ] TIPS | TB(0) | CM(0)

FileMakerでチャーム表示機能を実現する 5

いや〜どうも。

先日の透析医学会でME管理野郎をベースに開発したソフトが展示されていたようです。
こんどのホスピタルショウでも展示予定だそうです。
みなさん見てやってください。

さて、今回はスライドコントロールの1番目のほうにもボタンを設置します。
下図を見て下さい。こちらは特にボタンの色に変化は付けませんのでこのままでOKです。

▼スライドコントロールの1番目にボタン配置
スクリーンショット 1

これで、1番目、2番目に目的とするボタンを配置しました。

今度はこれにスクリプトを割り付けます。
まずは2番目からいきますかね。ここでのポイントはスクリプト引数に「goto1」とすることです。

▼スクリプト割り付け 引数はgoto1
スクリーンショット


同じように1番目にも。

▼スクリプト引数にgoto2を割り付けます
スクリーンショット 2

ここまできたら概ねできあがりです。
ブラウズモードにして動作を確認してみて下さい。

意外といい感じでしょ。

ナビゲーションドットは表示させなくてもよいのですが、おいらはあった方がいいと思うんだよね。
だって、始めて触る人ってこんなとこに隠しウインドウがあるなんてわかんないからね。

今日はここまでッス。
[ 2016/06/30 21:15 ] TIPS | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。