FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファイルメーカーで機器台帳 ~ 9. レイアウト名~

今作っているのはメーカー情報の台帳を名刺風レイアウトで表示している。

個別の情報を表示するには見やすいが、データ数が増えてくると一覧でバッと見たいときも出てくる。

今回は一覧情報を表示するレイアウトを作ろう!お~

メーカーレイアウト1 まずはレイアウトモードに切り替える。

メニューバーのレイアウト>新規レイアウト/レポートを選ぶ。

左図のダイアログボックスが出てくる。

レイアウト名を「メーカーリスト」を入力する。

表形式を選択し「次へ>」をクリック。
 メーカーレイアウト2
 
一覧表示したいフィールド名を左から右に移動する。

ここではFile No.、メーカー名称、ふりがな、ロゴ、電話番号、URL、変更日とした。
 メーカーレイアウト3  
デフォルトを選ぶ。

「次へ>」クリックしたあとの画面で

「ブラウズモードで表示する」を選択して「完了」をクリック。
メーカー一覧
 一覧表示ができた。

これは表形式と呼ばれるものでエクセルなど表計算ソフトの表示に似ている。

ちなみに「ふりがな」とタイトルのある部分をクリックしてみて。

あいうえお順に並び変わったでしょ。もう一度「ふりがな」をクリックしてみてね。今度はあいうえお順の降順にソートされたでちょ。

あと列の幅も簡単に変えられるのよ。

   
スポンサーサイト
[ 2009/11/30 00:01 ] 機器台帳 | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳を作ろう ~8.データの入力~

前回はレイアウトからブラウザモードに切り替え、すでにデータの入った画像を貼っておきました。

説明するまでもないと思いますがデータの入力は
  ツールバーの「新規レコード」をクリック。あとはテキストなどデータを入力する
という手順になります。

データの入力にはキーボードによる直接入力のほか、他ファイルのテキストデータから選択部分をドラッグアンドドロップすることも可能です。

ロゴはメーカーのwebページを開きそこからロゴデータをドラッグアンドドロップすると楽ちんです。ただしこれでうまくいかない場合は一度ロゴデータをダウンロードまたはコピーしてロゴフィールドに挿入する必要があります。

ロゴ
  ファイルメーカー               webページ

[ 2009/11/29 00:07 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳を作ろう ~7.ブラウズモード~

メーカ名刺風
レイアウトモードからブラウズモードに変更してみましょう。

はい、図のような感じで今回は名刺風なイメージで作ってみました。

 ブラウズモードは普段情報を表示するためのモードで「ファイルメーカーを使って情報を見る」という通常利用するときにはこのモードになっているわけです。

レイアウトモードからブラウズモードへの切り替えはmacなら⌘とBの同時押し、WinならコントロールとBの同時を押しでいけます。

次回はレイアウトに名前をつけるです。
[ 2009/11/28 00:03 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

機器台帳を作ろう ~6.レイアウト~

メーカーレイアウト1
ダイアログボックスの“OK”をクリックすると左図のようになる。

これは“レイアウトモード”表示とよばれ、「フィールド」や「四角、丸」などの図を自由に配置することが出来ます。

では、すこし配置を変えてみましょう。まずは大きな四角を配置してその上に体裁を整えて各フィールドを配置します。

チャッチャ、チャと・・・・
[ 2009/11/27 13:34 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

parallels Desktop 5 for Mac コヒーレンス と クリスタル

クリスタル
昨日に続きパラレルネタを。

左図がクリスタルモード。メニューバーでのParallelsはなくなる。winのスタートメニューにアプローチするには図のようにメニューバーから選ぶ。


クリメニュー親切に左図のようなメニューが出てきます。

Dockにwinのフォルダーが出てくるのでアプリケーション等にはここからアクセスすると容易である。



あたかもMacのアプリの一部を操作するようでwinアプリが動作していることを忘れてしまいそうだ。

コヒはwinアプリを立ち上げているとwinアイコンがDockに並ぶがクリはそれすらない。
でも実用上は大差なく使う側の好みとなるであろう。

ましてやwindowモードであれば全く関係ない話であるが(^-^)。


[ 2009/11/26 23:24 ] mac | TB(0) | CM(0)

Parallels Desktop 5 for Mac ポチッとな!



今日は遅く帰ってきたので、ちょっとファイルメーカーの話はお休みです。

買っちゃったよParallels Desktop 5 for Mac。英語版を発売当初からずっと使ってきたんだけど、ここ最近はあまり使ってへんかったんでアップグレードはどないしよか思うとったんや。けどキャンペーン中やったんで、ついポチッとしてまった。

ダウンロード版特別優待版6800円のところ4900円。さらにお得感があったのはラネクシー会員になるとポイント500が付与されすぐにこのポイントを使うことが出来る。結果4500円で購入できた。これはうれしい誤算だった。

[ 2009/11/25 22:51 ] mac | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 5.テーブルとフィールド作成

メーカーのダイアログ
 機器台帳がいくつかの台帳とリンクしてできていることは前回書きました。早速、機器台帳を作りたいところですがその前に下準備として脇役の台帳から作りましょう。 脇役の台帳は直接開く機会の殆ど無い台帳ですが、主役に必要な情報を提供するものとなります。

テーブル、フィールドの作成
 メニューバー→データベース→管理 と開き、上図のダイアログボックスが表示されたら「テーブル」タブを選択後、テーブル名「メーカー」を作成します。つづいて「フィールド」タブを選択した後フィールドを作っています。

 フィールドとは台帳の中の項目と認識してください。今メーカー台帳を作っているので項目には、つまりフィールドにはメーカーの名称、電話番号、担当者などが必要になってきます。あと住所やfaxなどもあってもいいでしょう。担当者は営業のほか技術などもあるので項目として2つ作っておきました。

 更新日はデータの変更があったときに自動的に日付を入れるようにしてありあります。医療機器業界ではメーカーの統合や合併、あるいは移転による電話番号の変更などがしょっちゅうありますのでデータベースに残されたデータがいつのものかわかるようにしておきます。

 フィールドの作り方は「フィールド名:」に任意の名前を付けて「作成」をクリックするだけです。このときフィールドの内容に合わせてタイプを選ぶことが重要です。

例えば、
フィールド名:メーカー名 であればメーカー名の中には○○株式会社などテキストを入力するわけですから、タイプは「テキスト」を選択します。

フィールド名:更新日 であれば更新日には当然、日付が入りますのでタイプを「日付」にしておく必要があります。

以上のことに気をつけて上図にあるフィールドを作ってみてください。





[ 2009/11/24 09:56 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 4.テーブルとフィールド




管理 さあそれでは、早速つくってみよう。まず最初にメニューバーからファイル→管理→データベースを開こう。
データベース管理 すると[データベースの管理]というダイアログがでてくる。このダイアログを見てみると上の方にはテーブル、フィールド、リレーションシップ。ちょっと下へ行ってテーブル、ソース、詳細とあり、テーブル名の下には機器台帳、カタログ、貸出台帳、修理台帳、カテゴリ、メーカーとある。

テーブルとは一つの台帳と思ってもらえばわかり易いかな。例えばテーブル「カタログ」を作ると言うことは「カタログ台帳」を作ることである。
[ 2009/11/23 14:40 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 3.全体的なイメージ

機器台帳トップ
 さあ、前置きが長くなりましたが今回からはいよいよ台帳作りの実際に入りますね。まず、どんなものを作りたいのかというイメージを頭に思い浮かべておきましょう。今回使用するサンプルファイルは左図になります。ざっくりと機器台帳のイメージがつくとおもいます。(左図をクリック)

図はサンプルですのでファイルの内容(耐用年数、点検周期など)はフィクションです。



[ 2009/11/22 08:14 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

~機器台帳をつくろう~ 2.なぜファイルメーカーなのか

2. なぜファイルメーカーなのか

 一言で言ってしまえば「簡単」だからである。さらに付け足せば「自由」「安価」なのである。

今でこそさまざまな医療機器管理ソフトがいろんなメーカーから発売されているが私が臨床工学技士になり立ての頃はそのようなソフトは皆無である。まあ強いて上げれば「○○Library」というソフトが販売を始めたばかりであった。ある日そのソフトを紹介のためうちの病院に来たが、値段を聞いて仰天したものだ。

 当時データベースと言えばカード型のものが主流で住所録程度のものを作るのが関の山という感じであった。入職して2年目ぐらいの時にはロータス123を使用して透析患者のデータ台帳を作り、整理にいそしんでいた。しかし、所詮ロータスは表計算ソフトでありデータ管理には限界を感じていた。それはどの辺かというと、例えば患者リストを表示してそこから任意の患者を選択すると個人の詳細データに画面が切り替わる、ということすらできなかったからである。
[ 2009/11/21 13:38 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーを使おう ~機器台帳をつくろう~ 1.はじめに

ファイルメーカーを使って台帳をつくろう!

 最近、臨床工学技士のちょっとした飲み会があっていろいろ話をしてたんだけど、「医療機器の管理どうしてる?」みたいな話題になった。みんなファイルメーカーでやってたみたいなんだけどうまく使いこなせていないみたいだった。

 まあ、俺がうまく使いこなしているかどうかはわからないが、ファイルメーカーを利用して何本か業務用に作ってる。医療機器管理台帳、心カテ台帳、透析管理台帳、手術室管理台帳、・・・。それぞれ臨床工学技士のみならず医師、看護師、放射線技師などにもつかってもらっていて、それがないと業務に支障が出てくるぐらいに重宝してもらっている。

 そこで今回このブログを通じてファイルメーカーを使った医療機器台帳の作り方を紹介してみようと思う。

 長くなったがこのコラムの最終的な目的は機器台帳をつくりこれを貸出台帳とリンクさせる。さらに共有機能を使って各病棟で在庫の確認や貸出状況を閲覧することができるようにしようというものだ。途中で失敗もあるかもしれないがそれもまた教訓というもの。

さあ、みんなでファイルメーカーを活用しよう!
[ 2009/11/15 18:22 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。