FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょっといまいちなんだよなぁ

どうも~

しばらく更新していませんでしたが・・・実は入院していたんっすよ。
総胆管結石+胆石ということでまずはERCPをやったのちタイミングを見て胆摘する予定っす。
数年前からみぞおちから背中に激痛に襲われることがありまして。激痛まで行かなくても痛むことはたびたびありました。

前にも書いたとおり、朝に痛みがあり診察したんだけど3日ほど食事等自制をして症状が無くなった。まあいつものこと何すけど。

でERCPなんですけど結構しんどかった。ERCP中はがっつりセデーションかけてもらったのでほぼ記憶無し。後で聞いたことだけど施行中に結構暴れたとかで自分で内視鏡抜こうとしてたらしい。ちょっと記憶にあるのは胃カメラが気持ち悪くて暴れたような気がします。

「終わりました、起きてください」でぼんやりとしつつも目が覚めたわけですがストレッチャーでそのまま病室へ。
病室で横になりまず思ったのは背中が痛い!
「背中が痛い」と訴え続けると
「膵炎かな?」「お腹は?」と医師がいう。
「腹は痛くない」と言うと
「膵炎とは違うかな」「採血しましょう」

しばらくして(正直もうろうとしていてどれくらい経ったのかまるっきりわからんが)
「膵炎は否定されました。背中が痛いのはなんだろうなぁ」「うつぶせになっていた体勢で痛いんちゃうか」
とりあえず痛み止めを飲んですぐに楽になりその日は爆睡です。

目が覚めたのはその夜の10時頃。おしっこがしたくて目が覚めたまたまそこにいた看護師に
「おしっこしたい」と告げると
「セデーションが聞いているので絶対に一人では立ち上がらないで」と念を押される。
起き上がってみると。なるほどこれはやばい。一人だと転倒するかもしれんね。

おしっこを計るのでこれにしてくれと500ccのカップを渡される。
いざおしっこをしてみると出るは出るは。カップにあふれそうです。
これも後で聞いたことですがアミラーゼの値が高く(いくらだか覚えていない)ボリューム負荷をして2000mlのインオーバーだそうです。

だからおしっこすごい出る訳よ。朝までに2000mlくらい出てますよ。

翌日は気持ちよく目が覚め特に痛みとか無かったのだが、どうも石が取り切れていないらしく確認造影のためレントゲンへ向かう。

検査台に横になり鼻から入った管から造影剤を入れる。「あ~やっぱり残ってますねぇ」「どうします?またERCPでとりますか」「ステント入れて三ヶ月以内に胆摘、そしてまたERCPという手もあります。」
「え~結局は2/3はとれずそのまま胆管内に残ったままらしい」しかも造影した際に腹が張ってきてた、かつ背中も少し痛む。
「先生、このままでいいよ。あとは外科で胆摘してもらいます」

部屋に帰り飯を食うがやっぱり背中とみぞおちのあたりが痛い。
「医者に背中が痛い」とつたえるも「なんだろうねぇ」と。

結局そのまま退院に。二泊三日の予定だったが特にやることもないとのことで一泊二日で退院です。
で退院当日は痛むのでロキソニンを飲む。これがよく効く。

ERCPから3日経つが背中とみぞおちが痛い。背中はズキズキ、みぞおちは引っ張られるように痛い。歩くたびに痛いので今のところ何もやる気がおきない。少しずつ良くなることを祈る。
スポンサーサイト
[ 2010/03/20 21:06 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 ~48. カタログ台帳(29)ポップアップヘルプ

やあどもども。
入院が決まりました。

さあ、今日は別に無くてもかまわないけどあるとそれっぽく見える機能を紹介します。
それは「ポップアップヘルプ」機能です。
最近のアプリやwebでもあるんだけどボタンや文字に1、2秒カーソルを置いておくとそのボタンなどの機能を説明するようなコメントが表示されるあれの事です。

下の図を見てください。
取り込み上、カーソルが見えていませんが下図の「登録」にカーソルが当たってしばらくすると「装置をカタログ台帳に新規登録します」とコメントが表示されます。

ポップアップヘルプ1

 作り手はできるだけユーザーが使用する際にわかりやすいようにボタンなどを作るわけですが、必ずしも意図が伝わるとは限りません。そんな時にこの機能で操作の手助けをしてやるわけです。

ポップアップヘルプの設定自体はとても簡単ですがこの機能はFileMker advanceにのみにあるものです。

では割り付け方法の紹介です。

ポップアップヘルプ2


ポップアップヘルプ3


1.レイアウトモードにする
2.割り付けしたいオブジェクトや文字を選択する
3.書式からポップアップヘルプ設定を選ぶ
4.表示させたいコメントを登録する

簡単でちょ。機能の紹介を今日紹介しました。
[ 2010/03/13 23:44 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 ~ 47. カタログ台帳 マージフィールド2~

いや~、どうも。

最近胆石の件で食事は油分のないもの、そして一日の疲れを癒す大好きな酒も飲めず状態です。
おかげでメタボティックな腹もいいかんじで絞れています。
さらに上司からは「入院なんて困る!ちゃんと体調管理せい」と絞られ気味です。

さあ気を取り直しマージフィールドです。

まずマージフィールドとは
フィールドの内容によって伸縮してくれる便利なヤツです。
例えば  <<名前>>ちゃん  の様にマージフィールドの後にちゃんを付けておくと名前フィールドの長さに応じ体裁を整えます。
名前部分が「みか」なら「みかちゃん」、「かおり」なら「かおりちゃん」、「かおるこ」なら「かおるこちゃん」
というようにマージフィールドのすぐ後に体裁よく「ちゃん」が付くようになります。

ではマージフィールドを用いずに普通の「フィールド」にテキスト「ちゃん」で表示するとどうなるでしょう。
下の図を見ていただければ一目瞭然でしょう。なんか間が開いてしまうのがおわかりでしょう。
フィールド内の字数が多いときには表示されない文字もマージフィールドならしっかり表示されます。

マージフィールド例




例えのレイアウトはこんなかんじです。(作品名とか備考は全く関係ありません)

マージフィールド3


●つかいみち
 マージフィールドは直接入力することはできません。ふつうのフィールドに入力されたデータがマージフィールドに反映されるということになります。ですので例えば宛名を書き出す印刷用レイアウトを作ってそこにマージフィールドを設置しておけば、例えば<<名前>>様のようにしておけば
織田信長様とか劉邦様のようになり、変に名前の後に間が開くことがなくなります。

まあ階層を表す HOME>カタログ台帳>輸液>シリンジポンプ のようなものを表すのにも適しています。

●挿入法
 メーニューバーの挿入からマージフィールドをクリックしてもよし、テキストでそのまま<<をつけて入力してもよし。ただしテキストによる入力の場合にはフィールド名を間違えないように。

以上マージフィールドでした。

さあ、今夜はかおるこちゃんのとこに行こっと!

[ 2010/03/11 00:01 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 ~ 46. マージフィールド1~

いや~どうも
久しぶりにファイルメーカーネタです。

前回でカタログ台帳のスクリプトに区切りをつけました。
今回はカタログ(個別)レイアウトについてもう少し触れることにしましょう。

下の図を見てください。

マージフィールド

大きく製品カタログとあります。その上にはよくホームページで見かけるような
HOME > カタログ > 輸液 > シリンジポンプ
とあります。これは階層を示しいま見ているのがどこかを分かり易くしています。この場合だとHOME(まあTOPとでもいうべきでしょうか)からカタログ台帳の輸液カテゴリーにあるシリンジポンプを見ていることがわかります。

「ん?なにに役立つかって?」
まあ、あまり役に立たないかもしれませんがかっこいいっすよね。このテクニックを知っていればほかにも使える場面が出てくるかもしれませんし。


レイアウトを見てみましょう


カタログレイアウト配置

HOME > カタログ > <<装置大分類>> > <<装置分類>>

この部分に注目してください。例えば<<装置分類>>のように<< >>で囲ったフィールド部分をマージフィールドとよびます。結構便利なんですよ、これが。

次はこれについてもう少し触れてみましょう
[ 2010/03/10 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

看護学校へ出張講師 2

どうも~、今週は検査があります。総胆管の。
入院かねぇ。

さて今日は出張講師パート2です。

当日はメーカーより借りたポンプをひっさげ会場へ。

予定していた内容は
  • 輸液ポンプ、シリンジポンプの正しい使い方と起きやすいトラブル(座学)
  • 輸液ポンプ、シリンジポンプの設置から開始まで(実習)
  • 警報時の対処
    • 滴下センサーの位置不良(輸液)
    • 閉塞時の対処(輸液)
    • 気泡混入時の対処(輸液)
    • 閉塞時の対処(シリンジ)
    • サイフォニング現象の実際(シリンジ)
内容的には基本的だけど重要なところです。

時間的には
座学30分、実習60分です。

イメージしていた実習の進め方ですが
  • 座学で「設置から操作のポイント」を軽く話す
  • シリンジグループ 20人、輸液グループ20人に分ける
  • あらかじめ「操作のポイント」なる資料を配布しておく。これは各工程におけるポイントをチェックリスト的にまとめたものです。
  • ポンプは2人に1台となるのでペアを作り、一人が「操作のポイント」を見ながら相方に操作の指示とポイントを説明する。相方はそれに従って操作する。
  • 開始までの捜査が終了したら役割を交代する。
これで正しい操作を全員が行える。

警報時の対処は時間があれば3つ。時間がなければ1つできればいいやくらいの思惑です。

さあ、いよいよ始まりました。講義が。
愛用のMacBookでkeynoteとiPhoneを使いプレゼンを開始。

出だしに軽く笑いをとり良い感じで進みます。途中早く終わりすぎるかなと感じるくらいでした。
まあ何人かうつらうつらしていますが全体的には良い感じです。

終わりました座学。時間的には35分くらいかかりました。ただ俺の紹介やら、じゃっかん開始時間が遅れたせいでのこりの実習時間は60から50分に短縮です。まさにケツカッチン状態です。

ここから実習のために机の配置を変え、ポンプを並べ、グループを分け、進め方を説明しで実際に実習が始まったときの残り時間・・・35分。「なっ何!35分」

もうこうなると警報時の対処は諦めです。

講師陣に「正しい操作だけで行きましょう」耳打ち。

資料を見ながら実習を行う学生さんたち。
『資料内容』
・輸液ポンプを点滴台に取り付ける
 □高すぎない安定した位置に取り付ける

「すいませ~ん。どこに取り付ければよいですか?」点滴台を指さし「この細い方ですか、太い方ですか?」
「いや安定した位置だからまあ点滴台の真ん中くらいで良いよ。特にどっちって事はないんで」
そういうと
看護学校の先生「いやどっちか決めてもらわないと」とか言い出す。

そんなんはどーでもえーことやろ。

「すいませーん。」
「はい、はい。どないしたんや」
「輸液セットの針はどこに刺したらいいんですか?」
「へ?いや生食パックのここのゴムに刺したらええんや」

「すいませーん」
「はいはい」
「輸液が開始できないんですけど」
「どれ」「なんやぁ!空の点滴セットつけとるやんか」「プライミングせなあかんやろ」
「へ、プライミング?なんですか~それ」
「いや、あの、まず薬液で回路内を充たしてやなぁ」

私が馬鹿でした。
学生さんだもんね。
輸液ポンプ、シリンジポンプの基本的なことは知っていると思った俺が悪かった。

座学ではまず輸液ポンプとはどういったときに使うのか、プライミングの仕方。まずパッケージを開ける前にメーカーや滴数を確認しましょう。あけたらクレンメを閉じ、プラバックのゴムの部分、いくつか穴を刺す凹みがありますがここに刺しましょう。チャンバーもとい滴下筒にはこうやって液を充たします。の様なことをやった方がよかったようです。

これじゃあ1コマじゃ少ねえよなぁ。せめて2コマだぜ。

それでもシリンジポンプグループの何人かにはサイフォニングを目の前で見せてあげると感動していたようでした。
今回はさわれただけでも良い経験だったように感じました。

みなさん4月から現場に出てがんばってください

俺は来年にもう一度出張講師がんばりやす。
[ 2010/03/09 00:01 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

看護学校へ出張講師 1

いや~どもども

まだまだ忙しい日が続きますねぇ。皆さんはどうですか?

えっ、ああそうですか、やっぱり。

ところでこの前看護学校へ出張してきました。知り合いの看護師が看護学校の先生をしているので輸液、シリンジポンプの説明&取り扱い実習をして欲しいとの依頼です。

「もちろんオッケーです。」
実は輸液ポンプやシリンジポンプは院内で数百人を相手にプレゼンを何回かしていたこともあって、ネタも手持ちがあったのさ。評判もそこそこ良かったので正直「楽勝だろ」とたかをくくっていた。

実習はどうしようかちょっと悩む。実習機は何台あるのか問い合わせると「T社の輸液ポンプが2台、シリンジポンプが2台よ」と。何とも楽観的な彼女らしい返事である。

「どうすんだよ-!たったそれだけの台数で40人の学生を面倒みろというのかっあーー」

ということでうちの病院と取引のあるメーカーにお願いして「輸液、シリンジ、それぞれ10台ずつ。それから人手を3人借りる事にした。」

まあこれだけの台数と少ないながらも人手も確保。

いままでは40人のうち2~3人がポンプにさわるだけの実習だったという事で今回は

・全員が装置を触ることを第一に、
・それから正しい手順で操作できる事を第二に
・さらに欲を言えばありがちなトラブル回避の体験をする

を大まかな実習の目標としたのだ。

与えられた時間は90分。前半に座学30分残りすべては実習に費やす。

この時点での完璧な自信と計画は当日もろくも崩れるのであった!
[ 2010/03/08 12:40 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

MacBook 466J/A メモリー交換 ~その後~

どうも、腹痛で悩んでいる今日この頃です。

さて、数日前に楽天で購入したMacBook用のメモリーですが設置すると起動せず。
いろいろ検証したところ初期不良ではないかと思われる。ほぼ間違いなく。

ということで早速、お店に検証結果と返品交換したいことをメールで連絡した。

すぐに返事が来るものと思いきや1、2日経てど返事は来ず。3日目に再度催促しても返事は来ない。
「やられた?」と思いつつしばらく様子を見ようとしていた矢先

ピンポーンと家のベルが鳴り、モニターからはみなれた宅配のおじさんがみえる。

「あれ?ひょっとすると」とおもいつつおじさんが手に持っていた封筒を見るとつい先日みたばかりの封筒が。
荷物を受け取り早速中身を見ると案の定メモリーでした。

送るなら送ると連絡ぐらい欲しいものだ(`ヘ´)

出かける前だったのだがメモリー交換だけしてみよう!ということでちゃっちゃと裏ぶたを開ける。
もうこの辺は手慣れたものだ。

取り付け終了。

フタを元通りにして、起動ボタンを押す・・・・・・

インジケーターランプが点き

この後だよ、この後 ジャーーンっていってくれと祈る。

なんかすげえドキドキする。まさに手に汗握る一瞬である。

この前はここで・・・・プー・・・だったからな。

わずか数秒なのだが長く感じる。

・・・・・・・・・・・ジャーーン!

\(^O^)/ キターーー


3Gメモリー


今度は無事起動&認識です。3GとなったMacBook。こころなしか起動が速くなったような気がする。
4Gでなく3Gは今時なんか中途半端な容量の感も否めませんがまあよしとしましょう。

parallelsにもようやく1GBを割り当てる事ができまずまずです。
[ 2010/03/07 00:01 ] mac | TB(0) | CM(0)

う゛ー!そう簡単にはいかない総胆管結石

どうも、元気ですか。

私は入院しそうです。

おととい「このまま入院しましょう」と消化器内科の女医先生が、横になっている俺に満面の笑顔でいいました。

その日、普段通り起床した。いつになくおなかの調子も良いので食パン(ダブルソフトが上手いんだ)にマーガリンを塗って食する。15分程したころだ。ぎゅー、ぎゅーっとみぞおちのあたりが痛む。
まあいつもの事だ。
そう思いながら出勤の支度をしているとテーブルにちょっとオーブンで燻ったウインナーが並ぶ。
旨そうなのでさくっとつまみ食い。

そのまま出勤するが、痛みは治まらず背中の法もちょっと痛い。
もともと胆石があるのは知っているのだが過去に救急車を呼ぶほどの痛みが2度あった。
今回はその時を10とすると3~4くらい。

一時間ほどで病院に着く(出勤ですよ)のだが45分くらいしたところでス~と痛みが消える。

ああ、良かったと思い職場に着きいつもどおりコーヒーをまず一杯。それから心カテ室へ仕事に。
このころから再び痛みが。しかも先ほどより強くなっているようだ。背中、みぞおち、キュルキュルーッとくる。
何とか仕事をしながらも痛みに耐える。普段と違うのは若干吐き気がある事。

自分が大変なところに加えしかも患者さんの容態も悪くなる。
対応に追われる自分。心の中でこう叫ぶ「がんばれ俺!」

不思議な事に対応中は動けるんだねえこれが。ただ患者の様態が落ち着くとまたもぶり返す。「いたい!」
そうこうしているうちにこんどは患者さんが嘔吐だ。

心の中でこう叫ぶ「おれも吐きそうなんだよー」(×_×)

しだいに俺の顔色も悪くなってきたらしく「大丈夫?顔色悪いですよ。」
ありがとうナースのMくん。君のフォローがすばらしい、いつも感謝しているよ。

何とか一件目を終え二件目へ。その合間に受診の手続きをしてきたわけさ。
正直受診しようかどうか迷ったんだけどいつもと違うので行きましたよ。

心カテは交代して受診さ。まあすぐにドクターは「胆石ありますよね」じゃあエコーやりましょう。

で結局CTとエコーをやったわけで、その結果を横になって待っていると

「ありました、総胆管に石が。」
「このまま入院しましょう」
いわゆる総胆管結石ってやつだ。

とりあえず忙しいので入院できないことを伝えると。

「待ってください、上に相談してきます。」

しばらくするとどうやら結論が出たらしい
診察室に呼ばれ
「今すぐ入院を勧めるが炎症がないので少し待てます。緊急に内視鏡的処置をしなくても今は大丈夫ですのでこちらとしてもMRIをやったあとにどうするか検討したい。」「MRIは早くても来週です」

という事なので今回は入院せず来週のMRIまで先延ばししてもらう事にした。

いまは痛み止めを飲みながら生活しています。

何よりつらいのは食事。食べれません。食べるとキューキューくる。後背中も痛くなる。(変な話歩くだけでもズキズキ来るんだよねぇ)
口にするのはおかゆ、おかゆ、おかゆ。うどん。いっちょ前に腹が減るからくやしい。

早く入院させてくれー(>_<)

「そうたんかんけっせき」だけに「そうかんたん」にはいかんね。
[ 2010/03/06 15:04 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

MacBook 466J/A メモリー交換

どうも~。久しぶりぶりの休みです。

きのう看護学校への出張講師がようやく終わりました。
結構大変でしたが良い経験でしたねぇ。


MacBook


さて、パソコン環境をデスクトップからノートにチェンジして少しだけ不満なのはメモリー容量とHDD容量です。

資料を作るのにKeynoteやPhotoshop、illustrator、safariなどを起ち上げるとすぐにメモリー不足になり、結果スワップが起きてしまい動作がもっさりとする。HDDは2.5inchだとやっぱ遅いよね。しかも160Gなんで写真とか入れると結構場所とるさ。

ということでいつかパワーアップしようと思っていたのだけど楽天の期間限定ポイントがあったのでこれでメモリを購入しました。2GBを1枚だけど。いやそれなりにするのよ金額が。ということで今回は1枚だけなの。

だから2G+1Gの計3Gになる予定です。

で休みの今日に届いたんで早速取り付けてみた。
(取り付け方法の参考はこちらアップルにあります)

電源ボタンを入れてみると・・・・「プー、・・・・プー・・・」

はいはい、メモリーね。まあ何回もメモリーやらHDDやらは取り付けてますので別にってかんじです。
たいてい挿し込み方が甘かったりするんだよね。

もう一度挿しこみなおすも「プー、・・・・プー・・・」

「んっ、これはちょっとやばいかも」

何度か挿し直すもやっぱだめだぁ。じゃあ今までのメモリを取り外し購入した2Gだけでどうでしょう。

「プー、・・・・プー・・・」

メーカーはもともと入っていた「Micron」のDDR3 PC-8500と同じで購入品も「Micron」なので相性は考えにくいです。

とりあえず返品交換の交渉します。
[ 2010/03/02 17:50 ] mac | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。