スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

順調なときほど

いや~どうも。

日本どうなるかねぇ。
日本全体がなんか勝てるようなムードになっているけど、こういうときほど気を締めていかねばならんがよ。

仕事も一緒らな。順調にいっているときほど、なんか自分がイケてると思うときほど何があるか分からんな。

でもがんばって欲しいよ日本!

だれか俺の事も応援してくれ!


スポンサーサイト
[ 2010/06/29 23:22 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

iOS4ってどうよ

どうも~

iPhone4欲しい!
俺のは3Gであと一年縛られてるわけさ。
でも新しもの好きなおいらとしてはすぐアップデートする訳よiOS4に。
で、失敗したな。何もかもがもっさりとしていてさ。
「時計」とかクリックしても画面は切り替わるけど、しばらくは時計の画面が出てこないわけ。
んも~何かにつけてこうだから、ダウングレードしようとしてもどうもネットで調べた限りできないらしいし。

あ~あと一年もっさりくんと一緒なわけだわさ。
[ 2010/06/28 21:28 ] iphone | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 ~58.機器台帳(10)問題点1と

いや~どうも
もうすぐですな。次のステップにいけるんでしょうか日本。

さて、問題解決シリーズ第2案です。
こちらもスクリプトを使いますが前回の「もう一つウインドウを作る」に比べると面倒でLoopやifなどもつかわなけりゃなりません。

考え方としては
・登録ボタンを作る
・登録ボタンにスクリプトを割り当てる
 ・登録用レイアウトに切り替える(登録用レイアウト画面を作る必要がある)
 ・大カテゴリから目的のカテゴリを選ぶ
 ・大カテゴリに応じた中カテゴリが表示される
 ・中カテゴリを選ぶと機種名称が表示される
 ・任意の名称を選ぶ
 ・管理番号が割り振られる
のような流れでいきたい。

例えば
大カテゴリ「輸液」を選択すると中カテゴリに「輸液ポンプ」「シリンジポンプ」が選択肢として表示され「輸液ポンプ」を選択すると名称AやB、C・・・が表示されここから任意のものを選択するというもの。

これのいいとこは「なんとなくそれなりのソフトにみえる」ことです。
それから複数台を一度に登録できる事や管理番号の候補を表示あるいは自動的に割り振る事ができることです。

けっこう長くなりそうなので今日はここまで。

がんばれ日本!朝一番でよいニュースになっていますように。
[ 2010/06/24 22:38 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 ~57.機器台帳(09)問題点1と

いや~どうも。
韓国が決勝Tと決めましたな。日本はどうでしょうかね。

さて、前回は問題点として「カタログ番号がわかりづらい」をあげましたが
今回は「じゃあどうするか」についてです。

解決法はいろいろあると思います。それこそ作り手次第ですね。
ここでは2つの方法をあげてみようと思いますにゃりん。

1つはウインドウを増やし2個のウインドウを使う方法です。
考え方としては
・登録ボタンを作る。
・登録ボタンにスクリプトをあてる
・スクリプト内容として
 ・新規ウインドウを開く
 ・新規ウインドウにカタログ一覧を表示する
 ・機器台帳ウインドウに新規レコード
 ・カタログ台帳から任意の装置のカタログ番号を機器台帳にドラッグアンドドロップする
細かいことは省略しますが大まかな考えとしては上記でよいと思います。

機器台帳問題1

これのよいところは
・スクリプト難しくありません。
 新規ウインドウを開くときなどいくつか注意するところはありますが。
・カタログ台帳のレコード数が多くなってきても検索機能を使えば目的の装置が見つかりやすい。
・カタログ台帳に装置がまだ未登録であっても先にカタログ台帳に登録しやすい。←意味ちょっとわかりづらいか?
などがあります。

今日はここまで。
次回はもう一つの方法について考えてみましょう。

がんばれ日本!
[ 2010/06/23 08:50 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 ~56.機器台帳(08)問題点1

いや~どうも。
なかなかやるねぇ韓国。

さて前回いくつか問題点をあげましたが
・機器の登録法がわかりづらい
・任意の装置のカタログ番号がわかりづらい
・登録する台数が多いと面倒くさい
・登録された装置に管理番号を割り付けるとき何番を振ればいいのかわかりづらい
という事をあげました。

・機器の登録法がわかりづらい については
これは登録ボタンを作りこれにスクリプトをあてれば良いでしょう。
そして登録ボタンは目立つように、かつポップアップヘルプ機能を装備すればよいのではないかと考えます。
あとはヘルプボタンなどを作り登録法が表示されるようスクリプトを作る事も有効だと思います。

今日はここまで。
次回はカタログ番号がわかりづらいについてです。

ちょっとファイルメーカー関連の記事だけをまとめてHPを作ろうかと思っています。

[ 2010/06/17 21:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ファイルメーカーで機器台帳 ~55.機器台帳(07)問題点

いや~どうも。
さて、今日もファイルメーカーでゴーゴー。
そういえばアップルストア銀座でファイルメーカーfan nightとか定期的にやってるけど一度行ってみたいモンすね。

前回までで、だいぶ形になっていますがいくつか問題点があります。

これは使っていくと分かる事ですが。
また、個人で使うのか他のスタッフも使うのかによってその問題点も違ってきます。
個人で使っていてもやっぱり使いづらい点もあります。

それではちょっと考えてみます。
まず機器を登録する時を考えてみましょう。
基本的には管理者を置き機器台帳に新規に登録するときにはその管理者が行う事にする。これが理想的ですね。
しかも管理者が台帳を作った本人ならほとんど問題はありません。

でも管理者が他の病院に移ってしまった、あるいは最悪「昨日まで元気だったのに」などという事もあるかもしれません。そうなるときちんとした申し送りなど無く後任に当たった人は「機器を登録するにはどうすればいいか?」ということになります。
カタログ番号に入力すれば必要な項目が自動的に入力されることなど知るよしもありません。

また、個人で(作った本人であっても)使うにしてもカタログ番号がわかりづらい。
「あの機器を登録したいんだけど、カタログ番号は何番だったっけな~?」
装置の種類が少ないときはそれほど問題にならないけど現実数十から数百になる番号をいちいち覚えていられるわけがない。

他にも、
・一度に数十~数百台登録するのにいちいち手入力するのは面倒である。
・登録した装置に管理番号を振るとき何番を割り付ければよいのかわかりづらい。
ということがある。

まとめると
・機器の登録法がわかりづらい
・任意の装置のカタログ番号がわかりづらい
・登録する台数が多いと面倒くさい
・登録された装置に管理番号を割り付けるとき何番を振ればいいのかわかりづらい

次回はこの辺の対応について考えます。

上司からは「おまえが何を考えているのかわかりづらい」とよく言われます。
[ 2010/06/16 07:08 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

新macmini

いや~どうも。

でましたね、macmini !
いいねぇ~。ちょっと衝動買いしそうです。ちょうどminiが欲しかったところですし。
カカクコムにもまだでていませんでしたがいくらぐらいになるんでしょうか?
(appleのホームページも更新がまだ追いついていないみたいですね。)
まあ定価(69,000くらい)でも十分購買意欲をそそりますが、5万台なら即買いでしたのに。

macmini
個人的には
・HDMI端子は噂されていたとおり採用となりとってもgood!
・筐体は前モデルを継承と思っていたがモデルチェンジ。やっぱアルミですね。
・電源が内蔵されたのにこの大きさというか小ささはすごい!
・なんと言ってもメモリの増設がしやすくなったこと。
 いままでヘラを使いパキパキやってましたからうれしいかぎりです。

まあcore2で十分でしょうが次期モデルはcore iになるんでしょうかねぇ。
これでブルーレイの視聴OKなら最高なのにな。

こうなるとipadを買うかあるいはminiを買うか、それとも両方買うか?
ついでにiPhone4も買っちゃうか悩みはつきませんなぁ。
[ 2010/06/15 21:36 ] mac | TB(0) | CM(0)

FileMaker 資格認定

どうも~

今日ファイルメーカーからFileMaker 資格認定が日本語で受けられると案内が来ていました。

試験の対象範囲は

・製品の技術仕様に関する知識
・データベーススキーマの定義
・レイアウトの作成
・計算ダイアログボックスを使っての作業
・スクリプトの作成
・FileMaker システムのセキュリティ
・サーバーを介したデータベースソリューションの導入
・データの統合と移動
・FileMaker データのWeb公開
・開発ツールとプロセスの使用
対象範囲となる製品や技術は、FileMaker 製品ラインのデータ統合技術:XML/XSLT/xDBC、ネットワーク技術、Web基礎、そしてアーキテクチャです。

になるそうです。

そして気になる費用は17,000円だそうです。
受けてみたいな~と思う今日この頃です。

XML/XSLT/xDBC、ネットワーク技術、Web基礎。この辺がちょっとな~。
[ 2010/06/14 21:31 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 ~54.機器台帳(06)形にはなりました

いや~どうも。
だいぶ体調が戻ってきましたがまだまだですね。

さあ、今日はと~~っても久しぶりにファイルメーカーネタです。
えーっと、久しぶりすぎてどこから始めるのか忘れてしまいました。

そうそう、いよいよ機器台帳のレイアウトまでいったんですね。
ここまでくるとだいぶ形になっていますね。

機器台帳レイアウト2

あとはカタログNo.に適当に番号を入れていましょう。
もちろん、あらかじめ「カタログ台帳」にデータを入れておかないとダメですよ。
はい、カタログ番号に応じた装置名やらメーカーやらが自動的に入力されたでしょ。
あとは管理番号やら備品番号やら設置番号やら必要な項目を入力していけばよいわけです。

今日はここまで。

必要な事は一ついえばパパッとやる自分になりたいモンですね。
[ 2010/06/13 18:49 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

正念場か

どうも~

ワールドカップが始まりましたね。
ニッポンはどうでしょうかねぇ。

さて、俺が勤めている病院の臨床工学技士は臨床が弱いんです。
それはずっと前から、上が「臨床はうちらの仕事や無い」と言ってきたこともあるし
自分たちの努力も足りんかったこともあると思う。

でもそのままではいかんと思うんや。
下の奴らに新しい道を造るためにも今が正念場やと思っています。

業者立ち会い規制をきっかけに心カテの業務を主としてやってきましたがその先には医者との信頼関係を作り
やがてはCCUにおける呼吸療法をチーム医療の一人として携わりたかったと言うことがあります。
もちろん、さらにその先の目標として、自分だけでなく臨床工学室として臨床業務を確立したいという思いがありました。

ようやくまいた種が芽を出してきた気がします。
重要なのは臨床工学技士を必要としてくれる医師の存在です。

今PCPSと人工呼吸器の管理について臨床工学技士の立場として意見を言わせてもらい、そしてそれが結果としていい方向に出ているようです。

でもやっぱりチーム医療の一人としての経験が絶対的に不足しているような気がするんや。
本や人の経験談を聞き良いと思われる治療方法でも自分で体験してみないとその良さは実感できないものです。
たとえばPCVは肺の状態などで喚起が変わるので肺などの変化が分かりやすいと言われますが、それは体験しないと自分のものにはならないと言うことが今日改めて分かりました。

PCPS依存が強いので人工呼吸器の設定はPCVにしてPEEP5、f=6にしてあります。設定圧17でVt=380位入っていた。右手SpO2=100%だったのが94まで落ちている。喚起量も250mlとなりカプノも綺麗な台形で48~50。
フロー波形を見るとフローゼロになるまでの時間が明らかに短くなっている。痰もそこそこ引けたがSpO2の改善は見られず。そこで体位を変えるとVtがガバッと入るようになりSpO2もカプノも一気に良くなる。

俺は思ったね。「あぁ、これがPCVのメリットの一つだ。これがVCVなら見逃していたかも、喚起量やフロー波形が教えてくれたわけだ」と。

今この患者を救うためにまめに採血をし医師に報告。自分の考えを述べ医師、看護師と意見交換をしがんばっている今が今までの経験を生かすときだと思っている。
まさに正念場である。
ここでチーム力を発揮していくことがこれからの臨床工学室の発展につながることだろう。
[ 2010/06/12 00:17 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

忙しいね。

ここのところPCPSが続いていまして、今日も回してきたよ。
人工呼吸器、IABPと併用していてCHDFがついていないだけでもましだな。

昨日今日と2件回っています。肺梗塞とたこつぼ型心筋症とだが。
主治医はそれぞれ違うのだが人工呼吸器管理に関しては両者ともあまり得意ではないようだ。
呼吸器といえばVCV、波形などみることもなく、自発が出てきて不調和になっても気がつかない、ファイティングするようなら即鎮静。こんな感じですが、一人はMEのいうことなど聞く耳を余り持たず、一方は自分が分からないのを認めていろいろ聞いてくる。

俺はあまり医者気取りの臨床工学技士にはなりたくないので目の前の事実とその原因、そして改善出来ると思われる別法と可能性について説明する。もちろん信用して採用するかどうするかは医者次第です。

余り聞く耳を持たない方は人工呼吸器については自発がある患者ほど苦しそうにしています。思いっきりシーソーになったりとかね。選択肢として「PCVもあるよ」と言っても聞かずVCVのまま。そのうちほっておくといつの間にかVCVからPCVにしたりしてね。でもPCVの設定も分からないからきびしいね。

呼吸器の設定も当然ですが勝手にいじることはない。この辺をはき違えてはいけないとつくづく思う。
何かあったときの責任はどうするのか、呼吸器に限らず最近ではチーム医療といいつつ何でもやり出す施設があるがあれはいかがなものかと思うよ。とくに心カテの分野など清潔野に関することでは。
手術室では看護師の代わりをしているようなとこもあるし。

とりとめもない話になったが要は最近忙しいということ。
そしてチームの一員として自分の立場をわきまえた上でしっかりと専門性を生かせるようにしたいということ。
がこれからは重要だと思う。

家庭では父親の専門性が生かせているかちょっと不安だよ。
[ 2010/06/10 00:17 ] 人工呼吸器 | TB(0) | CM(0)

APRVつかう?つかわない?

どうも~
最近忙しいっすね。いろいろ。

さて、前回のAPRVの話っすけど。
担当医の上のドクターと話をしてきたよ。
「今回は適応にならないんじゃないか」とのドクターの見解でした。

まあ、あまりゴリ押しする気もないのでAPRVに関してどう思っているのかを聞いてきた。
そして、自分の考えとドクターの意見をディスカッションする良い機会でした。

肺保護に関しては、高い圧については敏感なでシェアストレスに対してはそれほどという感じでした。
APRVに対しては鎮静が難しいのではないか、高いPEEPの中で自発呼吸をしているのはかなり吸いづらそうに見える。
というようなこと。循環動態に影響を与えるのではないか、脳圧に影響がでるのではなどいろんな懸念があるようです。

まあ間違っていないという印象はありましたが正しいとも思えませんでした。
この辺はAPRVについて否定する人もいれば肯定する人もいるわけですので。

要はそのドクターがどう思っているか、その教室でAPRVをやっていこうかそうでないかというような意気込みで治療方針が変わっていくということがよく分かりました。

最後に良い意見交換が出来たと感謝の言葉ともしAPRVを使用する機会があれば勉学のため声をかけてとお願いしてきたよ。
[ 2010/06/09 08:29 ] 人工呼吸器 | TB(0) | CM(0)

APRVはどうなの

どうも~
久しぶりの更新です。
ファイルメーカーファンのみなさん更新が滞っていますが決してやめたわけではありません。
現在実際に使用している機器管理ソフトの更新作業にいそしんでいてブログ更新の方に手が回っていません。
夏にある医療監視対策です。

さて本日のテーマであるAPRVについてです。
APRVはいわずとしれた人工呼吸モードの一つです。注目され話題になってきたのはここ最近ですが
はじめてStock、Downsが報告してから20年以上が経っています。
このモードと出会って正直自発のある患者にはほとんどこれでいけるんじゃないかと思うような気さえしてきました。

ARDSには非常に有効なモードであることは間違いないと思います。
そんな中、救急病棟でARDSの患者(40代前半)さんで十分に適応があると思われる患者さんがいます。
エビタXLを使用していて自発は有効と思われるものが18~25回/分あります。
なぜかVC-SIMVでTi:0.85、回数25、PEEP8、Fio2:0.8で設定されていたので医師と相談の上
CPAP、PEEP17、Fi02:0.5で設定させてもらいました。一時間後のGASはPaO2:120、PCO2:56ぐらいです。
この設定は木曜日。
で、月曜日の今日病棟に行ったらVC-SIMVでTi:0.85、f:30、PEEP:4になっていてPIP28です。
カルテを見るとPCO2が高くなり88、pH6.8までいった。筋弛緩薬をつかい自発を無くしCMVとし人工呼吸器に完全にのせた。とあった。CTの結果ARDSと診断されたともある。

?????????????????????????
これって10年も20年も前の人工呼吸器でも出来ることだよね。
いまなぜ、エビタ(最新式の人工呼吸器)があるのだろう。
自発をどう生かすかが今の人工呼吸器の発展の歴史であるはずなのに。

CT上は当然、背側にエアー入りが少ない。
VC-SIMVでさらに薬で自発を殺しこの部分の改善は期待できない。

医者にAPRVの資料を渡し数十分後に担当医師から電話が来た。
「APRVは知っています。この人はPO2が問題ではなくPCO2がはけないことがもんだいなんです。」
なぜPCO2がはけないんだろう。それはいわゆるベビーラングになっていて絶対的なガス交換エリアが少ないからでしょ。PEEPをかけて17でしっかりSpO2が改善した(医師に頼み込んで20迄上げさせてもらい17まで下げられた)のだからしっかりPEEPをかければ有効なエリアが確保できるはずですからPCO2も下がるはず。

医師はまたこうも「脳に問題があって圧をあげると・・・」
でも現在の設定ではPIP28です。これを考えるとAPRVでは17で済むのですから。

それよりもなによりも人工呼吸器を使うことで「害があって」はならないのです。ARDSでコンプライアンスの低下した肺が吸気時間0.85ではとうてい開くとは考えられません!
千歩譲って開いたとしてPEEP4では開いた肺胞はすぐに虚脱してしまうでしょう。当然肺における「シェアストレス」となり肺は破綻していくことになる。できるだけ圧格差は小さくした方がよい話デスし。

重要なのは目先のPCO2を下げることではなく肺を保護しPO2を確保しARDSという嵐を乗り切ることなのです。
最新の人工呼吸器を使っていながらやっていることは人工呼吸器黎明期時代のことです。

すこしでも人工呼吸器の本来の力を発揮できるようにすること。これも臨床工学技士の重要な仕事です。

蛇足ですが「次のカンファで相談してみます」とのことになりました。
さあどうなることでしょう。
[ 2010/06/07 21:53 ] 人工呼吸器 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。