スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シミュレーション教育

いや~どうも
今さっき帰ってきました。家族は皆、夢の中です。

さて、大学病院に勤めているので教育という面では恵まれている環境にあるのかなぁと思うことがあります。
そのうちの一つが人体シミュレーターです。

こいつが優れもので生体環境をシミュレーションしてくれるのです。
例えば呼吸停止状態になればCO2値が上昇しSpO2は下がる。そして心電図がPVC、ST上昇、徐脈、Vf、心停止みたいに時間の経過と共に変化してきます。

学生用として4年ほど前から研修室にあったのですが誰も使用していなというありさま。

もったいないのでMEが月一回人工呼吸器などの教育に使用していたのですが、中堅どころの教育熱心なDr.が自分の病棟看護師、若手医師用にも使ってみたいとのことで協力することに。

で、昨日リハーサルをやってきたんだ。研修医、病棟看護師を対象に。

いや~、やっぱりシミュレーションって効果大だよな。
できること、できないことがはっきりわかる。
そして、失敗から学ぶことがとってもいい経験になるのだよ。

体験することは非常に得るものが多く、座学では習得できない効果がある。

これからはシミュレーション教育とっても重要だと思う。

ちなみに人工呼吸器のシミュレーション教育はけっこういい感じにやってます。

今日はここまで。

人形を使って本番体験。いやいやどうもねぇ。うふっ。
スポンサーサイト
[ 2012/06/27 00:02 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーカンファレンス

いや~どうも

今年もやるようですね。ファイルメーカーカンファレンス。
昨年と同じく東京の椿山荘で。

昨年は行きませんでしたが今年は行こうかな。
結構盛り上がっているようですしね。

今年はきっとGo関連の話題が多いのかもしれませんね。
[ 2012/06/27 00:01 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 ~(100)修理台帳~

いや~どうも。
昨日は涼しいを通り越して寒いくらいやったね。
でも、おいらタンクトップで出勤したぜ。ワイルドだろぅ。

さて、今日からは修理台帳をつくってみよう。

まずは新規にテーブルを作るぜ。
すでに知っていると思うが一応書いておくぜ。

メニューバーの ファイル>管理>データベース からテーブルを選択する。
20120625

テーブル名は「修理台帳」にする。


フィールドは以下のようにする。
201206252

今日はここまでで勘弁してください。

わおっ!今日で100回目や~
よく続いたなぁ。これもコメントや拍手をいただいている皆さんを始め、このブログを見てくれているすべての人のおかげです。

あーさん。

これからもどうぞよろしく。
[ 2012/06/26 02:48 ] 修理台帳 | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカー12 iPadレイアウト用に

いやーどうも。

北海道気持ちいいですね。

さて、iPad用にレイアウトするときにどうせだったらぴったり画面サイズにしたいじゃない。

そこで便利な機能がこれ
ipad レイアウト

iPhoneやiPad用にレイアウト画面にガイドを出してくれるんだす。
サイズ合わせにとっても重宝なのさ。

いままでは1280×960とか画面サイズの四角形をフォトショップなどで作りそれを貼り付けてレイアウト範囲を分かり易くしていましたが、これがあると煩わしい作業無しに一発です。


ああ、腰が痛い。
[ 2012/06/24 22:42 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

やっと週末

[ 2012/06/22 01:32 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

iPad でファイルメーカーGo つかって良かった

いや~どうも。

台風一過で今日はええ天気でしたな。

さて、iPadにGoをいれてからいろいろいじってたんだけど、だんだんといろんなことがわかってきましたでぇ。

細かいことはあとで書くとして、便利やな~。
便利っちゅうことは手間がかからない、手間がかからないっちゅうことは無駄がない。
無駄がないっちゅうことは効率がええっちゅうことや。

とりあえず、輸液ポンプ点検後の台帳への入力がとっても楽になりました。
もうこれなしではあきません。

それからGo Ver.11を購入しておいて大正解や。
なんか勘違いしてたみたいでServer10での共有も問題なし。
接続法もわかってみればなんてことはない。

ただiPad用にレイアウトを作るにはやっぱりVer.12が便利やな。

どの様に活用しているかはまた今度ね。

今日はここまで。じゃーねー。
[ 2012/06/21 01:05 ] ひとりごと | TB(0) | CM(3)

iPad で Go試用してみた。

いや~どうも、どうも。

すげ~雨風だな。やっと帰ってきました。

さて、今日は病棟での輸液ポンプの点検チェックにiPadを使ってみました。
実際には作ったものを自分以外の室員に試用してもらったのですが。

環境はネットワークのないところでスタンドアローンとしてい入れたファイルを使ってもらいました。

やっぱ、ネットワークを介して使用した方が使い勝手がいいね。
問題点もありましたが想定内でした。解決策も一応考えてあります。

詳しいことは後ほど。

今日はここまで。

なんかレイアウトをリニューアルしてから表示がずいぶん遅くなったな。何とかせねば。
[ 2012/06/20 22:51 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーGo 11 for iPadをインストールしてみた

いや~どうも。

明日から台風が接近するらしいでんな。

さて、今日はGoの話です。

FMgo11

今現在の最新バージョンはProそしてGoともVer.12です。そしてGoにいたっては無料で配布されています。
で、今日おいらがiPadにインストールしたのはVer.11です。しかも有料で3500円弱になります。

えっ、古いバージョンでお金まで出して何でやねん。

当然そう思いますよね。

実はファイルメーカーPro Ver.12はメジャーアップデートとなり下位互換性が無くなります。
でも殆どの人はVer.11以下を使っているわけですが、Ver.11で作ったファイルをVer.12で使いたい時場合はどうすればいいのでしょう。
Ver.12を起動させ開くから11で作ったファイルを選択するか、11で作ったファイルを12にドラッグアンドドロップすれば12用のファイルを勝手に作り直してくれます。

この場合拡張子が.fp7から.fmp12になります。こうなると.fmp12のファイルはVer.11以前のものでは開くことができなくなります。
という事で下位互換が無くなると言うことになります。(ちなみに.fp7ではVer.7~11まで互換があります)

そして、ここからが本題です。
無料のGo Ver.12を使うにはProのVer.12を所有していなければならないという事です。
ところが今職場で使っているのはserver 10です。ProはVer.10と11が混在しています。
無料のGo 12を使う為にはserver 12を一本、それからProを5、6本購入する必要があるということです。
そうなると本末転倒な事態になるわけです。

という事で職場でGo使用するには無料の12ではなく、敢えて有料の11を購入する必要があるわけです。

でApple storeからダウンロードしたわけですが無事iPadにもインストールできました。

早速、職場で使用している機器台帳を無線で共有しようとGoを起ち上げた訳です。
共有の仕方はすでに知っています。”ファイルブラウザを開く”をタッチして・・・検索中と。
・・・・待てど暮らせど共有しているはずのファイルが出てきません。

いろいろ試したあげく。ん?共有しているファイルはVer.10だぞ。あれ、そっかGo 11で開く為にはProも11や無いとあかんのや! しまったー!

明日時間があればserver 10でもPro 11を使えるのかどうか試してみます。これでダメならどうする?


今日はここまで。

心中ただならぬ俺の心は台風が来たかのようです。

[ 2012/06/19 00:03 ] ファイルメーカー | TB(1) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 (99) ~ 貸出台帳レイアウト2 ~

いや~どうも。

ちょこっとブログデザインを変えてみました。少し重くなりましたかね。

さて、前回で下の画面ができました。
こうすることで機器台帳←→貸出台帳 間の行き来がしやすくなりました。

201206142

自前のメニューバーの"貸出台帳"タグの色を変えることで自分が何の台帳を開いているかもわかりやすくしました。



今回はもう少しデザインに付け足します。
付け足すのは下を参考にしてください。
201206161

貸出台帳 > 装置別 といったもの。なんていうんでしょうか、ナビゲーターですかね。こちらはテキストボックスから文字を入力しただけでボタン機能とかはありません。
 それからボタンも付け足します。"病棟別"です。貸出台帳は装置別に検索の他に病棟別もつくりましたね。こちらの画面に飛ばす為のボタンになります。ですのでボタン設定からレイアウト切り替えを選択して貸出台帳(病棟別)を選びます。



実際に飛ばした画面を見てみます。

201206162

こちらも前回と同様に自前のメニューバーを作ります。もちろんコピベで。
さらに今度は装置別に切り替える為のボタンと貸出台帳 > 装置別のナビゲーションです。

こういったメニューバーやボタンを作る時に注意することなんですが、ボタンの位置やテキストの位置は他のレイアウトとのそれとぴったり合わせる様にしましょう。レイアウトを切り替えたときに違和感が無くなるのでこの辺はきっちりやりましょう。

そのためにはVer.11以前ならT定規、Ver.12ならガイド表示を使うと便利です。
Ver.12のガイド表示はillustratorの方式を採用していますね。

今日はここまで。全体的に色使いなどダッサダサですが、まあ、よしとしましょう。

もうすぐ連載100回になります。
ここまでで、メーカー台帳、カタログ台帳、機器台帳そして貸出台帳と作ってきました。
連載当初はさくっと終わるつもりだったのですがここまでに約2年半と非常に時間がかかってしまいました。
しかし、貸出台帳もほぼできあがり、ようやく全体的な完成が見えてきました。
拙いベージですがおかげさまで訪れてくださる人も増えてきたようです。

今後はもう少しデザイン貸出台帳をやってその後、修理台帳を作って行く予定です。
iPadを使った業務なんかも少し取り入れてみようかなぁと思っています。

[ 2012/06/18 00:01 ] 貸出台帳 | TB(1) | CM(0)

ファイルメーカーGoのスキルアップワークショップに参加

いや~どうも

ちょっと前なんだけどはじめてファイルメーカー関係のワークショップに参加してきました。
無料というのと、職場でiPadを購入できたのでこの際ファイルメーカーGoはやっぱりおさえておかんとな、ということでの参加です。

当直明けでヘロヘロだったのですが時間ぎりぎりで会場に到着。
すでに多くの人が集まっています。見たところ参加者は50~60人程です。年齢層は意外に年配の方多いですね。

で、各グループに分かれるのですがまったくファイルメーカーにさわったことのない方も10人強いらしてますね。
おいらは一番スキルの高いグループに入れられたんだけど、この辺は事前アンケートで経験年数10年以上としたからだろう。

さて、そのおいらのグループはと言うとファシリテーターを入れて7人です。
自己紹介が始まりどんな人たちかということがわかってきました・・・おおっプロの人たちやんけ。通信のプロや、ファイルメーカーのプロも。となりのお姉さんなんかファイルメーカーのプログラミングをやってるんやて。

このグループ、実際ワークショップが始まるとほとんどGoの話はなくオフ会みたくなっちゃいました。脱線だらけです。
しかし、この脱線が面白い。プリンターの性能がどうでとか、winよりやっぱMacだとかっていう話でほぼ3時間くらい経っちゃいました。結局Goはどうなったんだ状態でしたが、たまにファイルメーカーproやGoの話になるととなりのお姉さんが恐ろしいほど詳しい。しかもおいらと違ってちゃんと社会人していて滑舌もよく、丁寧なしゃべり方だ。しかもべっぴんさんや。

後で名刺をもらったんだが業界では有名な某会社の方でした。
個人的にはカレンダーなんかで参考にさせてもらったことがある
先に知っていればもっといろんな質問とか面白い話とかきけたのにな~。

まあ、この会に参加してわかったことはファイルメーカーで飯喰っている人たちはやっぱすげぇ。
おれなんかぜんぜんだー。

でも面白かった、また機会があれば参加しようと思う。
[ 2012/06/17 00:01 ] ひとりごと | TB(1) | CM(0)

ファイルメーカー参考書(3)

いや~どうも。

十分睡眠がとれていますか?平均睡眠時間5時間と行ったところでしょうか。

さて、今日はファイルメーカーの参考書の話です。
どんな本がお勧めかということを聞かれることが時々あります。
そんな時は過去の経験において数冊これはと言うものがありますのでそれを答えます。

このブログでも何冊か紹介しているのですが(過去記事1過去記事2)今日は改めて下に紹介します。






この中で初心者向けにわかりやすく書いてあるのがFileMakerスーパーリファレンスです。ファイルメーカーを使う上で基本的なことが書かれています。スクリプト関係のむずかしいことは別な本に任せましょう。

スクリプト関係はFileMaker Pro 関数・スクリプト サンプル活用辞典 Ver.11/10/9/8/7対応が便利です。ぜひとも手元に置いておきたい一冊です。読むと言うよりも辞典ですから調べると言った用途になります。

使う側でなく作る側としてファイルメーカーに携わるならぜひお勧めしたいのがFileMakerデータベース開発テクニックです。この本は中級者以上向けに書いてあり変数とグローバルフィールドの使い分けやカスタム関数、サーバー、アドバンスなどについて書いてあります。スクリプトを使う上で自分だけなら問題ないけど人が使うとこういう不具合が起きるなどとても参考になりました。自分以外の人も使うファイルメーカーをつくると言うことを前提にするならばぜひとも一読いただきたい。

西村早苗さんの実例テクニックも便利な技集的でとてもいいです。初心者も中級者も参考になります。脱初心者の方にはよい一冊です。

おれ、あっちの方は初心者なんだよな。
[ 2012/06/16 00:29 ] ファイルメーカー参考書 | TB(1) | CM(1)

ファイルメーカーで機器台帳 ~(98)貸出台帳レイアウト~

いや~どうも。

賞与が下がる一方ですが皆さんの所はどうですか


さて、前回は自前のメニューバーをつかって貸出台帳へ移動する手段についてでした。
今回は移動してきた貸出台帳のレイアウトをちょこっといじってみます。

前回の記事で移動先は下記のレイアウトを指定してあります。
201205312

このままのレイアウトだと今度また機器台帳やこの先作るであろう修理台帳などに移動する時に不便になります。
なので、ここにまた自前のメニューバーを作ります。作り方はとっても簡単。

機器台帳の▼部分を丸ごとコピペします。
201205314


コピペしただけでは機器台帳のところをクリックしてもなにも反応しませんから、貸出台帳に割り当てたボタンを機器台帳側にスライドさせます。そしてボタン設定からレイアウト切替をえらび機器台帳(個別)に移動するようにしておきます。

するとこんな感じになります。
20120614


このままでは今いるページがいかにも機器台帳に見えるのでタグの色を変えていましょう。
ブラウズモードにしてみます。
はい、こんな感じに仕上がりました。
201206142


まあ、こんなかんじでタグの色を変えたのですが最新のファイルメーカーPro Ver.12ではカーソルをあてるとボタンの色を変えることが出来るようになっていますね。

今日はここまで。
おいらはどんなときでも自分色でいきたいと思います。
[ 2012/06/14 23:58 ] 貸出台帳 | TB(1) | CM(0)

ファイルメーカーで機器台帳 ~(97)機器台帳との連携~

いや~どうも。

WWDC 2012が開催され新製品が続々と発表されましたね。
目玉商品はRetinaディスプレイを搭載したMacBook Proでしょうか。
個人的にはUSB3.0を搭載したAirと小型化したAirMac Expressが気になります。
噂されていたiMacやiPhone5の発表はありませんでしたね。

さてと、前回は下のようなメニューバーから貸出に切り替える方法の途中でした。
201205314

どのように貸出台帳に切り替えるかなのですが考え方は単純です。
ボタンをつくりそのボタンを押すとレイアウトが替わるようにします。
それではやってみましょう。

まずはレイアウトモードにします。

2012061201

上のツールを使って四角形を作ります。大きさですが“貸出台帳”とある部分と同サイズの四角形にします。
色は塗りつぶし、線とも“なし”にします。そんでもって貸出台帳の部分に重ねます。

はい、こんな感じになります
2012061202

で、ボタン設定からレイアウト切替を選択し移動先はこの前に作った下の画面にしましょう。

201205312

この貸出台帳(装置別)にもレイアウトにちょっと手を加えますがそれは後にして、機器台帳の方を見てみましょう。ブラウズモードにして先ほど作ったボタン(貸出台帳部分)にカーソルを持って行くとカーソルが手のかたちに変わります。クリックするとレイアウトが切り替わります。

今日はここまで。

この記事が少しでも皆さんの参考になればと思います。
[ 2012/06/12 23:15 ] 貸出台帳 | TB(1) | CM(2)

auto-PEEPの弊害

いや~どうも。

ついに梅雨入りしましたな。
さて、今日は人工呼吸器でちょっとお恥ずかしい話を。

ERでの話。
ふら~っと顔を出して遠目にフロー波形をみるといかにもCOPD様。
auto-PEEPもかかっていそうだ。

ちょっと気になったので、ドクターが書き込んでいたカルテの中のガスデータを見ようと思い

おれ「先生、ちょっとガスデータ見せてくれへんか」と言ったところ
Dr.「気道抵抗高いんっすよ、なんかいい方法ありませんかね?」と
おれ「へ、ようわからんのやけどガスはどないなってん」
pH7.45、CO2:60.1、PO2:80

「もともとCOPDあるんですか?」からはじまって「設定も何も自発出てきたら問題ないんちゃいまっか」
Dr.「それがプロボほぼ切った状態なんですけど」「自発出てこないんですよ」

そのままベッドサイドへ連れて行かれて条件見ると
PC-BIPAP、PCV 28(Vt350~400)、PEEP4、PS 16、FiO2 0.5 f 20 Ti 0.8

圧下げたり、回数減らしたりしたんだけどauto-PEEPはかかったまま。
わし「いや~せんせい、これはあきまへんな、はよ自発だしなはれ」
Dr.「いや~それが、出ないんですよ。CO2もっと貯めて呼吸ドライブを刺激した方がいいですかね」
わし「いやいや、もう60ありまんがな、これ以上増やしてどないしまんねん」

で、その場を去ってしもうたんですわ。
その直後に後輩に会ったんで
「いや、かくかくじかじかで」「なんかええ方法ないかなぁ」
後輩「うーん、見てないんでわからないんですけど、PEEPもっと上げたらいいんじゃないですか」「オートピープかかっているし」
わし「んっ、そうや!なんでそない初歩的なこと忘れとったんや」

すぐにERに戻りドクターに「せんせい、ちょっと設定触らせてもらってええですか」
ということでベッドサイドに行くと、患者さんバッチリ目覚めてるやないですか。
さっきも覚めていたらしいのですが自発がないということで、寝ているものばかりだと思っていたんですが・・・お恥ずかしい話です。

患者さんに挨拶すると、うなずく仕草をしています。
鎮静スケール的にはRASSの+1~+2くらいといったところです。
こんなかんじで自発がないわけがない。

まずはauto-PEEPの測定です。8~10位ありそうです。
で、とりあえずPEEP10にしたところ出てきました自発。というよりは、ようやっとトリガーされたと言うべきでしょう。

で、f:6、PEEP:10、PCV:20、PS:12でほぼ自発でいけそう。トータル回数は20でVt450~500。
「あとはガス測って微調でお願いします。」

3時間後にはCPAPになっていました。

ありがとう後輩君。

初歩的なことに気がつかずなんともお恥ずかしい話でした。
[ 2012/06/09 22:35 ] 人工呼吸器 | TB(1) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。