FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファイルメーカーで予定表を考える 6回目

いや〜どうも。

最近、Cをやろうかな・・なんて思ってんすよ。
どうなんですかね。やっぱむずかしいっすか。

さて、前回は先輩の感想でした。
伊藤君は率直に意見を聞き入れたようですね。そして先輩ならどうします?と訊いていました。
はたして、先輩は何か構想があるんでしょうか。

輩の構想編

わし「いや、別に構想なんかあれへんよ」
伊藤「いや、いや、あるでしょ」
わし「ほんまに、ないねん」
伊藤「教えてくれたらいい店紹介しますって」
わし「しゃーないな、構想ではないけどわしやったらな・・・・・」

スポンサーサイト
[ 2013/05/31 22:31 ] カレンダー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで予定表を考える 5回目

いや〜どうも。

もう梅雨入りですか。じめじめした嫌な季節ですね。

さて、前回は伊藤君が作った予定表の中身を見てみました。
はたして、先輩の感想は。

輩感想編

スクリーンショット

わし「ま〜、予定表として、というかエクセルの代わりとしての予定表としては問題なく使えるんじゃないか」
  「IDを入力すれば名前も入力されるし、デスクトップが散らかる心配も無いので当初の目的は達成しているんじゃないか」
伊藤「あ、ありがとうございます」

わし「もちろん、結果が同じでも、効率の良い作成法とそうじゃないものってあると思うんじゃ」「せやけど、わしらはプロとちゃうんや。方法はどうであれ、目的が達成できて仕事の効率が上がればそれでいいと思うとる」

わし「ただ、“ファイルメーカーで予定表を考える1回目、2回目”で伊藤が言うとったような使い方、つまりデータの二次利用的なものとしては使いづらいかもしれへんな」
[ 2013/05/30 22:03 ] カレンダー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで予定表を考える 4回目

いや〜どうも。


前回は伊藤君が作ったファイルメーカーの予定表を見せてくれました。
今回はもう少し掘り下げてみてみましょう

スクリーンショット


わし「見た目は山田先生がエクセルで作った表と似てるやないか」
伊藤「はい、そのように作りました」

わし「じゃあIDを入れてみようかな、えーっと、この火曜の2枠のIDのところにポンポンポンと」
わし「おっ、ちゃんと名前出るやないか」
伊藤「そうでしょー」

わし「では、中身の方みていこうか」
伊藤「はい、じゃあフィールドとかリレーションを見て下さい」

スクリーンショット 2


スクリーンショット 3


伊藤「テーブルは2つです」
わし「患者情報と予定表やな」

伊藤「リレーションはIDでやってます」
スクリーンショット 1

わし「あと、レイアウトはどないなってんかな」
伊藤「こんな感じです」

スクリーンショット 4

わし「ふー」「そんで、実際にはどないしてつかうねんな」
伊藤「新規レコードから、さっき先輩がやったみたいに任意の場所の枠にIDを入れるんです」「どうですか、感想聞かせて下さい」
わし「そうやね」

今日はここまで。次回は先輩の感想と意見です。


[ 2013/05/29 00:03 ] カレンダー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで予定表を考える 3回目

いや〜どうも。

おいしいものを食べに行きたい!焼き肉なんかいいね!

現状把握編

伊藤「そう、記録用紙の話でしたよね」
伊藤「記録用紙って、検査中に撮影するレントゲンの方向を記録する物なんですけどね」
  「それに、患者情報として少し載せておくんですよ」
  「あと朝ミーティングの為に前回どんな検査したとかの情報も書き込むんです」
わし「ほう」
伊藤「それが、これなんですけどね」
[ 2013/05/26 18:41 ] カレンダー | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカーで予定表を考える 2回目

いや〜どうも。

はめをはずしに行きたい!

さて、前回は問題定義編でした。

どうやら問題点として以下の項目がありそうですね。
・転記する機会が多い=誤入力する機会も増える
・効率が悪い=データの二次利用をしていない
・検査室でコーラを飲んでるヤツがいる

状把握編

わし「も〜、きみの話長くて寝てもうたわ」
  「つまり、問題点としては、転記することでIDと患者名が合っていなかったり」
  「せっかく電子化したものを印刷物としてアナログ化し、それをまた電子台帳に入力するという効率の悪いことをしている、ということやな」
伊藤「そのとおりです」
  「あと、デスクトップがエクセルの予定表で埋まっているってのもあります」「それから、検査室でコーラを飲むこともだめですよ」
わし「どうしも、コーラが飲みたかったんや」「それはそうと、きみが作った予定表、どんなもんやねん」
伊藤「まあ、その前に見てください、これが山田先生の作った予定表です

[ 2013/05/24 09:02 ] カレンダー | TB(0) | CM(0)

FileMaker データベース開発テクニック 改訂版 Pro 10 Advanced & Server 10 Advancedの最新活用術

FileMaker データベース開発テクニック 改訂版 Pro 10 Advanced & Server 10 Advancedの最新活用術FileMaker データベース開発テクニック 改訂版 Pro 10 Advanced & Server 10 Advancedの最新活用術
(2010/01/14)
木下 雄一朗

商品詳細を見る




いや〜どうも。
今回は参考書の紹介です。

FileMaker データベース開発テクニック 改訂版 Pro 10 Advanced & Server 10 Advancedの最新活用術です。

51ipvhRlPnL.jpg


 この本はビギナー向けではなく、リレーションやスクリプトを使ってファイルメーカーを作ったことのある中級者向けの本といった印象です。

 ファイルメーカーは特別な言語を学んでいなくても、簡単にデータベースを作成できることから初心者からプロまで幅広く使われています。特にプロと呼ばれる人たちが開発することで、規模によりますが本格的な基幹システムとしても運用できるすばらしいソフトです。
 また、プロじゃない人が部署内などで自分以外のためにソフトを開発(ちょっとおおげさですが)し業務効率を上げているという場面も多々あります。こういった人の多くは私のように我流でファイルメーカーを使っている人がほとんどだと思います。

 そのような人にお勧めなのがこの一冊です。

 どのような事にも効率よく作業を進めるコツや基本となる考えがあり、ファイルメーカーにおいてもしかりです。そのコツをつかむには我流ではどうしても時間がかかってしまいます。近道はその道のプロに教えてもらうのが一番ですね。

 帯にもありますがそういった意味での指南書となります。特に参考になった項目はリレーションの組み方やテーブルオカレンスの命名法。それから、ルックアップと計算のどちらを用いるべきか、変数とグローバルフィールド、ウインドウ操作...等の考え方は我流ではなかなか知り得ない部分ですからとても参考になりました。

 また、FileMaker advanceの機能についても、カスタムメニュー、カスタム関数などが書いてあります。この辺が書いてある参考書ってあまりなくってですね〜読んだ当初は「なるほどー、今は使わないけどいつか使ってやろう」なんて思ったりしました。実際はカスタムメニューまでやる事ってあまりないんですが、必要な時にはこの本が役に立ちました。最近もちょいちょい見返しています。

読みやすさという点ではモノクロで書かれていてビギナー本などに比べるとやや劣るかもしれません。内容は意見の割れるところもあるかも知れませんがレビューを参考にされたし。

バージョン10の頃に改訂されましたが、開発における基本的考え方はバージョンに関係の無いものですので手元に置いておく価値はある、と個人的には思います。

じゃっ
[ 2013/05/22 21:58 ] ファイルメーカー参考書 | TB(0) | CM(0)

ファイルメーカー 参考書3 〜

いや〜どうも。
今回は参考書の紹介です。

FileMaker データベース開発テクニック 改訂版 Pro 10 Advanced & Server 10 Advancedの最新活用術です。

51ipvhRlPnL.jpg


 この本はビギナー向けではなく、リレーションやスクリプトを使ってファイルメーカーを作ったことのある中級者向けの本といった印象です。

 ファイルメーカーは特別な言語を学んでいなくても、簡単にデータベースを作成できることから初心者からプロまで幅広く使われています。特にプロと呼ばれる人たちが開発することで、規模によりますが本格的な基幹システムとしても運用できるすばらしいソフトです。
 また、プロじゃない人が部署内などで自分以外のためにソフトを開発(ちょっとおおげさですが)し業務効率を上げているという場面も多々あります。こういった人の多くは私のように我流でファイルメーカーを使っている人がほとんどだと思います。

 そのような人にお勧めなのがこの一冊です。

 どのような事にも効率よく作業を進めるコツや基本となる考えがあり、ファイルメーカーにおいてもしかりです。そのコツをつかむには我流ではどうしても時間がかかってしまいます。近道はその道のプロに教えてもらうのが一番ですね。

 帯にもありますがそういった意味での指南書となります。特に参考になった項目はリレーションの組み方やテーブルオカレンスの命名法。それから、ルックアップと計算のどちらを用いるべきか、変数とグローバルフィールド、ウインドウ操作...等の考え方は我流ではなかなか知り得ない部分ですからとても参考になりました。

 また、FileMaker advanceの機能についても、カスタムメニュー、カスタム関数などが書いてあります。この辺が書いてある参考書ってあまりなくってですね〜読んだ当初は「なるほどー、今は使わないけどいつか使ってやろう」なんて思ったりしました。実際はカスタムメニューまでやる事ってあまりないんですが、必要な時にはこの本が役に立ちました。最近もちょいちょい見返しています。

読みやすさという点ではモノクロで書かれていてビギナー本などに比べるとやや劣るかもしれません。内容は意見の割れるところもあるかも知れませんがレビューを参考にされたし。

バージョン10の頃に改訂されましたが、開発における基本的考え方はバージョンに関係の無いものですので手元に置いておく価値はある、と個人的には思います。

じゃっ
[ 2013/05/22 12:05 ] ファイルメーカー参考書 | TB(0) | CM(3)

ファイルメーカーで予定表を考える 1回目

いや〜どうも

明るいと目が覚めちゃうんだよね。
最近明るくなるのが早いから5時には目が覚めちゃうよ。おかげで寝不足さ。

さて、今回のテーマはファイルメーカーで予定表っす。
実際にありそうなシチュエーションからどんな風にファイルメーカーでできるのか考えてみるっす。

それでは、いってみよう。

題定義編

伊藤「先輩、おはようございまーす」
わし「ん、だれや?」
伊藤「だれやって、相変わらず失礼ですね。後輩の伊藤っすよ」
わし「冗談やがな。伊藤の蘭ちゃんやろ、久しぶりやがな」
伊藤「蘭ちがいますし、ほぼ毎日会ってます」「それはそうと、今日は先輩に見てもらいたい物があるんできたんです」
わし「ほー、なんや」
伊藤「実はスケジュール表なんですが、ファイルメーカーで作ったんですよぉ」
わし「ほー、スケジュール表かえ、あの日付と時間の入ってるやつやな」「あんなもんはグーグルやら、アプリやらでえらいよー出来てるやつがあるんやけ」「せやから、わざわざ作らんでええと思うとるけどな」
伊藤「いやいや、僕の言ってるのはそんな高度のやつじゃないですよ」「そんなもの作るスキルも無いですし」
わし「ほな、なんやねん」
[ 2013/05/19 09:44 ] カレンダー | TB(0) | CM(5)

FileMaker server を使って公開する を考えてみる

いや〜どうも。

ようやっと、暖かくなってきました。
日差しの強さは八月二日と同等だそうです。暑いの大好きです。
ところで今週末学会がありますが、みなさん行きますか?

さて、先日サーバーを使った運用法について質問を頂いたのと、この前のFFNのTIPS対決でもクラウドサーバーとFM Serverを用いて公開しています的な話があったので今回はこの話題を。

自施設での運用を考えると情報内容的にも外部に公開するものでは無いためServerを使っての公開対象者は内部者になります。ですから外部に公開するなどと言うことは考えたこともありません。しかしある学術団体で症例のアンケートをFM Serverでweb公開していたのを見たことがあります。そこはファイルメーカーですから、まあ普通に出来ちゃうんでしょうね。

必要なものとして考えてみるとなんとなくですが、場としてのサーバー、固定IPアドレス、もちろんFM Serverぐらいあればなんとかんるんだろうなぁという感じです。winのことはよく分かりませんがMacならApacheオンで場としてのサーバーもクリアしそうですね。

その「場としてのサーバー」ですがクラウドサーバーとしてお安く提供されているらしく外部への公開も(もちろん権限によって内部のみとすることも)比較的お手軽に出来るらしい。

こうするとファイルにアクセスするのに家でも社内でも簡単にアクセスできる、と思う。

実際にサーバーに設置する手法ですが、いつも勉強させて頂いている方のページに載っていました。とても詳しく分かり易く書いてあるので興味のある人は覗いてみてください。

タイトルが考えるになっているけどおいら自体なにも考えてませんな。

えいとさん、p388cellさん、岩佐さんありがとうございます。勝手にお礼を言わせてもらいます。

じゃ
[ 2013/05/15 00:03 ] TIPS | TB(0) | CM(0)

デジタル生活

職場でiPhoneを使おうと思ったら、無い。
iPhoneが無い。ちょっと探したんだけど見当たらず?家に忘れたんだろうと気にもせず。

家に帰って探したが結局見当たらない。どうやら職場の何処かに置いてきたらしい。
全く困ったもんだ、三歩歩くと忘れてしまう。

いつも、目覚ましはiPhoneなので代わりになるものと思ったが前に使っていた目覚まし時計は電池が無い。
どうしようと考えたあげくの代用品はiPadだす。

気付けば生活の中にデジタルツール、特にスマホがどっぷりと入り込んでいるさ。
今日のyahooニュースの中でタレントの上地さんが脱携帯宣言をしていたが少し共感してしまった。

よし今夜だけ脱スマホしよ。
明日職場で見つかりますように。

さっ、iPadに目覚ましかけて寝よ。
脱デジタル化はむづかしい!
[ 2013/05/13 22:34 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

繰り返しフィールド

いや〜どうも。

最近更新はしてませんがどっぷりとファイルメーカーやっています。
台帳作ってるんですが、進捗状況と言えば亀のような歩みです。
ようやく2レイアウト分できました。

ところで昨日FFNにいってきました。
西村さんのスピーチでした。ご自身で執筆した本を3冊紹介されていましたが、その内一冊を持っています。
ほとんど読んでなかったんですがつい最近読み返してみたんですよ。
作業工程が丁寧に書かれています。良い本でした。(初心者向けではないですね)

さて、スピーチ内容ですが「繰り返しフィールド」についてでした。
繰り返しはバージョン6までは使っていましたがポータル機能が搭載された7からはほぼ使いません。
っていうか極力使わないようにしています。最近ではデータとの二次利用をしないフィールドあるいはカレンダーぐらいにしか使いません。

今回スピーチ内容は書きませんがいろんなTIPSの紹介がありました。機会があればここでも少し紹介したいと思います。
「繰り返し」少しは使う頻度が増えるかな〜?

この日は雨だというのに大勢の方が来ていたのですが、会場でバリバリと「繰り返し」使っているのは3名ほどでした。やっぱり使いどころが限定されているような気がしてしまうんですよね。

今回の西村さんに触発されて竹内さんがポータル特集をやるかもと言ってましたが是非ともお願いしたい。
繰り返しの「良い点、悪い点」も再認識できるかもね。

じゃ。
[ 2013/05/12 22:32 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。