スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FileMakerでテレメーターのチャンネル管理 6

いや〜どうも。

雨、雨、雨。とうとう梅雨入りですね。

さて、仕事もとりあえず一段落でホッとしています。
では、前回からの続きです。前回まででレイアウト作成完了ですね。
ということで、今回はブラウズモードでデータ入力してみましょ。うふっ。

まずは、ブラウズモードにして「新規レコード」でレコードを作ります。
下のように空のデータが一つできあがります。
スクリーンショット 2014-06-07 22.49.09

ここの「ゾーン」フィールドに"6"を入力しましょう。
すると下のように、ドッとデータが放り込まれてきます。うす水色で塗りつぶされているのは、すでに割り当て済みのチャンネルです。
スクリーンショット 2014-06-07 22.51.53

続いて、「新規レコード」でもう一つレコードを作り、ソーンノ欄には、今度は"5"を入力します。
これもまた、ゾーン5に対応するチャンネルが表示されます。
スクリーンショット 2014-06-07 22.56.44
バンドのところには自動的に6〜1までの数字が入っていますね。これはグローバルフィールドにしてあるので一度登録してしまえばあとはレコードを作る度に6〜1が自動表示されるって訳です。

この操作を繰り返していきゾーンを1まで作りましょう。

これで、チャンネル管理表ができあがりましたね。
ここでのポイントはデータの表示法を"リスト形式"にすることです。こうすることで簡単に一覧表っぽく見せることができます。
スクリーンショット 2014-06-07 23.05.59

とりあえず、できたんですが実際に使う時の注意事項として、この表からデータ入力できちゃうんですよ。
ということは、チャンネルのところを誤入力したり削除できるってこと。
これはいけませんねぇ。これを防ぐためには「チャンネル」フィールドを保護しておく必要があります。
簡単なのは、チャンネルフィールドを選択しインスペクタから、下のようにブラウズモードのチェックを外すことです。

スクリーンショット 2014-06-07 23.12.38

今日はここまでっす。

次回はダブりを防ぐみたいなことを考えています。

じゃ。




スポンサーサイト
[ 2014/06/07 23:16 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)

FileMakerでテレメーターのチャンネル管理 5

いや〜どうも。

すっかり夏のような日ですね。でももう少しで梅雨入りしちゃうんですよね。
ふ〜。

さて、今日もレイアウトの設置です。
下の図のチャンネル、部署フィールドを見て下さいな。

スクリーンショット 11

両フィールドとも条件付き書式になっています。これの目的はですね、使用済みのチャンネルが識別しやすいようにフィールドの色を変えてやるためなんです。
で、その仕組みですが下の図を見て下さい。チャンネル一覧用に作ったテーブル内に「空き」フィールドを作っておきます。
チャンネルが空いている時は“1”をそうでない時は“0”としておきます。(これも計算フィールドで自動的に1が0が入るようにしておくと楽ですね)

スクリーンショット

で、条件付き書式ですが、こんな風にしておきます。
スクリーンショット 1

ここまで設定したらポータルをコピペします。
スクリーンショット 2

繰り返しコピペしてこんな感じ。
スクリーンショット 3

このままだと、ポータルフィルターがうまくないので直します。
今はどのポータルもフィルターは下のようになっていますので、
スクリーンショット 12

例えば、バンド[2]のしたのポータルは(左から2番目のポータル)下のように変更します。
(最右のポータルは表::バンド[6] = テーブル::バンドになります)
スクリーンショット 4


つづいて、項目がわかるようにタイトルを入れます。下でいうところの「バンド」「ch」のことを言っています。
スクリーンショット 5

ここも条件付き書式でいきたいのでテキストツールをつかいます。(テキストツールは条件付き書式いけますが、図形ツールは×です)
スクリーンショット 6
条件式ですが「ゾーン」フィールドが1なら塗りつぶしを茶色にする、とかにします。

ここまでで、下のようになっているはずです。
スクリーンショット 7

今日はここまでッス。
次回はブラウズモードでデータ入力ッス。


[ 2014/06/01 13:15 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。