FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スクリプト中の or について

いや〜どうも。

まだまだ寒い日が続きますね〜。

ここんところFileMakerからすこし離れていたのですが、部署内の業務効率化のために一つファイルをつくっています。
作っているのは超過勤務時間の集計やら業務日誌やらというものです。
この中でスクリプト作成中にちょっとつまずいたところがあったので備忘録的に書いておきます。

やりたいことはこんな事

フィールドAが 1 以上 10 未満 または フィールドAが 17 以上 24未満
且つ
フィールドBが 10 未満 

ならば〇〇を実行せよ、というものです。範囲指定に or と and が入るちょっとややこしいもの。

これをスクリプト文で
if[( フィールドA≧1 and フィールドA < 10 or フィールドA≧17 and フィールドA < 24 and フィールドB < 10 )]
として書いていたのですがなぜだかうまくいきません。おそらくどのぶぶんで区切ればいいのか分からないのではないかと思います。

色々試行錯誤したんですけど結局だめで最終的にはGoogle先生にきいてみました。
その結果、以下がうまくいきました。

if[case( フィールドA≧1 and フィールドA < 10 ; 1 ; フィールドA≧17 and フィールドA < 24 ; 1 ; 0 )
and case( フィールドB < 10 ;1 ; 0)]

なるほど、たしかにこれだと分かり易いッスね。
case( フィールドA≧1 and フィールドA < 10 ; 1 )のここで言う 1 はtrueと意味ですね。
このように スクリプト内に 範囲指定に or が加わるような条件式にはcase関数を使うと分かり易いんですね。
勉強になりました。

じゃ、またね。
スポンサーサイト
[ 2015/02/08 09:54 ] ファイルメーカー | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。