スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

業務日誌シリーズ 2章 FileMakerで申し送りを考える 20

いや〜どうも。

今回はもうちょっと班についてです。

少しレイアウトを替えると下のように班ごとの申し送りを一目で見ることが出来ます。
スクリーンショット 9

作り方についてはとくに説明もいりませんね。
ポータルフィルターをそれぞれ設定してやるだけでよいですもんね。
これを利用したら各班情報共有しやすくなりますね。

次回からは業務日誌との連携です。

安い肉はダメだな。ゴムみたいだ。
スポンサーサイト
[ 2016/05/31 22:16 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

業務日誌シリーズ 2章 FileMakerで申し送りを考える 19

いや〜どうも。

さて、前回で申し送りは一応完成と言うことでどんなことが出来るかは伝わったと思います。
で、今回はもっと実用的なことを考えてみましょうというものです。

臨床工学技士の業務体制を考えてみましょう。
各施設様々ですがおおざっぱに言うと業務内容は血液浄化、機器管理、ope室などに別けられますね。
ここではそれぞれの業務を班で行っていると考えて、スレッドタイトルテーブルに班フィールドを新たに追加します。
それで、各班毎のスレッドをフィルタリング出来るようにすることを考えてみます。

シチュエーション設定としては、
一週間毎に各班をローテーションしている業務体制としましょう。
「おれ、明日から機器管理班なんだよな、ここ最近の出来事ってなんかあったかな、確認してみよう」
なんてことを想定します。

▼班フィールドの追加
スクリーンショット 3

次にインターフェイステーブルに「班フィルター」フィールドを追加します。これはグローバルフィールドにします。

▼班フィルターフィールドの追加
スクリーンショット 4

で、レイアウトを下のようにします。終了したタスクの下にポータルをコピペです。
タイトル部を先ほど追加した班フィールドにします。

▼ポータルの追加
スクリーンショット 5

ポータルフィルターを次のように設定します。

▼フィルターの設定
スクリーンショット 6

ここで更新ボタンを新たに配置してスクリプトを割り付けます。
スクリプト内容は以下を参照下さい。
ここでの注意点はウインドウ内容の再表示のオプションでキャッシュ結合結果を...にチェックを入れます。
これについては深く考えず、関連レコードの更新を行うための儀式だなと覚えておいて下さい。

スクリーンショット 7

はい、出来上がりを見てみましょう。
班フィルターを値一覧で登録後、任意のものを選択し「更新」するとフィルタリングできましたね。
スクリーンショット 8

意外と便利ですよね。
そして、便利なものって必ず継続します。
新しいものを作って継続していたら・・・うふっ、それってみんな便利だと思っている証拠です。

次回は、同じようなものを作ります。

今回は連続更新でした。
くみさん、少しは役に立ってますか?

今日はここまでッス。
[ 2016/05/26 22:22 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

業務日誌シリーズ 2章 FileMakerで申し送りを考える 18

いや〜どうも。

腰が痛くてたまりません。あっちの方はたまってますけど。
さて、今回は実際の作り方です。

まず、集計フィールドを作りましょう。
↓図のようにフィールド名「カウント」を追加しタイプは集計にします。オプションはSNをカウントにします。

スクリーンショット


次にインターフェイスレイアウトに戻り、先ほど追加したカウントフィールドを配置します。
この時にただ単に配置するだけではいけません。ここでも一行ポータルを使用します。
↓図を参考にして下さい。もちろんポータルフィルターも入れますよ。


スクリーンショット 1


はい、↓図のようにポータルに配置するフィールドはカウントです。
スクリーンショット 2

このようにすると↓図のようにポータル件数を表示することが出来ます。
スクリーンショット 29


簡単でしたね。
以上、今日はここまでッス。
次回は業務日誌と申し送りファイルの連携とか、応用みたいなものを考えています。

そのあとは別シリーズを考えています。
業務に関係ないけどね。
あと、p388cellさんのmore機能みたいのやつも作ってみたいな〜。

たまには池袋もいいね、安くて。
[ 2016/05/25 22:38 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

業務日誌シリーズ 2章 FileMakerで申し送りを考える 17

いや〜どうも。

でましたね、Ver.15 。
ここのところアップデートが早いですね。
とろこでツイッターとかみてると、FileMakerでこんなもの作ってみました。なんて記事がけっこうあります。
リツイートしたところサンプルファイルを頂いたのですが、感心しますね。
久しぶりに開発意欲をかき立てられました。

さて、今日はリストに登録されている数の話です。今日は紹介だけです。
↓図を見て下さい。

スクリーンショット 29

継続中、終了したタスクの隣に数字が表示されていますね。
これってそれぞれのリスト中にあるスレッド数になります。データが蓄積されてくると、特に継続中のタスクってどれぐらいあるんだろうって疑問がわいてきます。そこで、この機能が必要になるわけです。

まあ作り自体は、どおってことのない仕組みなのですが、色々と役に立つかも知れません。

今日はここまでッス。
次回は作り方です。

[ 2016/05/15 22:54 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

業務日誌シリーズ 2章 FileMakerで申し送りを考える 16

いや〜どうも。

GWもおわりでんな。どないでした。

さて、前回まででほぼ出来上がりですね。
リストの削除ボタンは特に説明もいらないと思いますので割愛します。

今回は実際に使っているとって話です。
恐らく前回までで下のような仕上がりになっているはずです。

スクリーンショット 18

これ、毎日使っていると、どんどんスレッドが増えていきます。
そうなってくると、どれに注目したらいいのか分からなくなってきます。少なくてもここ一週間ぐらいに更新されたものには中止して欲しいですよね。あと、スレッドが増えてくると、いったい未処理のタスクつまり継続中のタスクが何件あるんだろうなんてことも気になってきます。

今回はこれについて書きます。
まずはここ一週間に更新されたものを目立つようにします。
↓図を見て下さい。
スクリーンショット 27

よく見ると各タスク中の矢印の背景色が明暗色に別れていますね。
明るい色の項目はここ一週間以内に更新されたものになります。←この意味がわかっていないと色が変わっていても何とも思わないのですが、一度意味がわかると注視してみるようになりますね。

では作り方です。
アイコンを選択し条件付き書式を設定します。
今回は7日を越えたものの色を変える設定にしています。でも、デフォルトを濃くしておいて7日以内を明るくする方がよいのかも知れませんね。
スクリーンショット 28

どうですか?なんということはありませんね。
ただ、この計算式だと日付をまたいだ時に再計算しないとダメかも知れませんがまあ良しとしましょう。

やっていることはたいしたことありませんがちょっとした工夫でより使いやすく、親切な事が出来ます。

今日はここまでッス。
次回は、タスク内の件数表示です。(つまりポータル内の件数表示)

なんか、ヤフオク詐欺にあったような気がしてなりません。

[ 2016/05/08 21:21 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

業務日誌シリーズ 2章 FileMakerで申し送りを考える 15

いや〜どうも。

先日、この時期でもインフルエンザにかかるって話をしましたが、職場でインフルエンザにかかった後輩がいます。
ゴールデンウイークだというのに。

さて、今回は矢印の話です。
ん、矢印?
↓図を見て下さい。そう、リスト中の矢印です。

スクリーンショット 18


右端の矢印をクリックすると詳細が表示されるのですが、これにより何が行われるのかをまず説明します。
その前に、画面右側の詳細表示は一行ポータルになっていてフィルターが設けられています。そのフィルターは左上隅にある「表示用SN」と等しいもの、というようになっています。

これを踏まえて、クリックする>ターゲットとなるスレッドのSN取得>一行ポータルの表示用SNに先ほど取得した値を放り込む。

はい、たったこれだけです。
スクリプト的には下を参照下さい。

スクリーンショット 25

今回はここまでっす。

インフルエンザ、五月でもかかるんだね。
[ 2016/05/01 17:46 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。