FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FileMakerで業務日誌を考える 10 〜Virtual list とは2〜

いや〜どうも。

さて、前回はVirtualな部分について書きましたが、なんとなくわかったでしょうか?
今回はlistの部分ですよ。

では、早速。

変数の設定って下のようにして行います。

スクリーンショット 11

わし「上の例やと箱$nの中に1を入れるやな。つまり$n=1なわけや」
伊藤「そうですね」
わし「では、値の部分を“スティーブ”としたらどうなると思う」
伊藤「$nにスティーブを入れるわけですから、$n = スティーブ なんじゃないですか」
わし「そう、スティーブというテキストデータが入ることになんねん」

伊藤「なるほど、値は数字じゃなくてもいいんですね」
わし「そう、テキストでもいいし、フィールドでも関数でもいいんだ」
わし「もっと言えば、値に変数を入れることだってできるんだ」
伊藤「ふーん」

わし「ここで、値にリストとなるようなデータを入れたらどうなる?」
伊藤「あ、リストがついに出てきましたね」「Virtualな箱に、値となるリストデータ!」
わし「そう」
伊藤「すいません、正直よくわかりまえしぇん」「値となるリストデータって何ですか」

わし「例えば」

例えば次のようなリストデータ、この項目IDだけに注目してみましょう。

スクリーンショット 3

下のようにID部分だけを表記してみました。これってIDのリストってことになりますよね。
1
2
3
4
5

で、上のIDリストをWordなどでタイプするときを思い浮かべてみてください。
1 をタイプして次に リターンキー で改行して、また2をタイプしてリターンキーで改行、・・・・ってなりますよね。

FileMakerではまさにこの考えで、改行が入ったものをリストデータとして扱うことが出来ます。(まあニュアンス的に)

わし「で、この改行区切りデータを作るのが過去記事の集計フィールドのオプションである“一覧”なんや」
伊藤「なんか、線と点がつながってきましたね」
伊藤「Virtualな部分である変数に、値としてlist形式のデータを放り込むわけですね」
わし「つまり」
伊藤「Virtual list ですね」

今日はここまでッス。
次回はリストデータ見てみよう!です。


スポンサーサイト
[ 2015/09/25 00:57 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/529-a71cb72d









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。