FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FileMakerで業務日誌を考える 11 〜Virtual list とは3〜

いや〜どうも。

Mac OS 10.11 El Capitan にアップグレードしてみました。
なかなか良いのですが、FileMaker Ver.11では画面描写にちょと難がありますね。Ver.14でも2画面機能に対応していなかったりとアップデートが待たれるところです。

新しくなった日本語入力機能も使い慣れたらかなりいい感じではないでしょうか。Atokが新機能として搭載したらいいんですけど。

さて、今回はvirtual listの肝となる集計フィールドのタイプ一覧についてです。

では、前回の記事で紹介したメンバーテーブルのフィールドを見てみましよう。
スクリーンショット 8

こんな感じですね。注目するのはリストです。
続いてオプションはIDフィールドの一覧になっていますね。
スクリーンショット 10

これで得られる結果について考察しましょう。
下の画面にヘッダを表示するようにして、ヘッダにリストフィールドを配置します。
スクリーンショット 3


つまり、下のような配置になります。
スクリーンショット 2

そして、注目して欲しいのはリストフィールドの結果に

1
2
3
4
5

とリターンで改行されたデータが得られているということです。
これで、virtual listのlistデータを得ることができました。

今日はここまで。
次回は得られたリストデータを変数に設定するです。


スポンサーサイト
[ 2015/10/05 18:13 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/530-863d3398









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。