FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FileMakerで業務日誌を考える 16

いや〜どうも〜。

さて、今日はvirtual listでフィールド側で準備しておくことです。
下のスクリプトをみてください。

スクリーンショット

これは前に何回も説明してきましたが繰り返しレコードを作るってやつです。
どのテーブルで作るかっていうとこの前の行で出退勤テーブルと指定しています。
出退勤テーブルって下です。
スクリーンショット 3

では、ここで出勤テーブルのフィールドを見てみましょう。
↓こんな感じ。
スクリーンショット 1

このフィールドちょっと説明しますと、ID(←メンバーのID)を入力するとルックアップ機能を使ってメンバー名が入力されます。
データは↓のスクリプトで必要数分だけ自動で作成されます。
スクリーンショット

でも、IDって自動取得していませんよね。
で、ここでフィールド側の工夫です。IDはオプションで計算を指定しています。
その計算式は以下の通りです。
スクリーンショット 2

GetValue ($id ; Get(レコード番号)) です。

これについて解説しますが、これこそがVirtual listの真骨頂です。

GetValue は値一覧のデータを取得せよ、って命令文です。
で、ここでいうデータとは$idの○番目の値ってことです。
わかりにくいですよね〜。でも頑張って理解しようとしてください。

$idとは?

151018-0001.png

あ、ありました。12行目にありますね。メンバー::リストです。
メンバーリストって前にありましたね。
そうここにありました、FileMakerで業務日誌を考える 11 〜Virtual list とは5に。
$idの中身は
1
2
3
4
5
でしたね。

GetValue ($id ; Get(レコード番号))は、このうちのGet(レコード番号)番目のデータを持ってこいって意味です。
Get(レコード番号)番目って、データを新たに作った時に順に割り振られます。
新規レコード作成で一番初めにできたデータは1番目、次にできたデータは2番目、...ていう風になります。

ということはGetValue ($id ; Get(レコード番号))は、リスト1、2、3、4、5の中から1番目の値を持ってこいってことなら1持ってくる値は1になります。もし、リスト1、3、5、7、9の中から3番目の値を持ってこいってことなら5ってことです。

わかりましたか?
難しいですよね。説明する方も大変なんですよ。

うーん、今日はここまでっす。
スポンサーサイト
[ 2015/10/26 00:35 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/537-8105875a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。