スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FileMakerで業務日誌を考える 18

いや〜どうも。

さて、前回は入力されたデータを

・休暇の時は朱く塗つぶす
・休暇の場合は休暇内容を入力する
・休暇の場合には勤務時間の“〜”を表示しないようにする
・フィールドに併せて文字を小さくする
・カスタム関数を作って時間の“:”を自動入力する

を考えていくって話をしました。

話はちょっと脱線しますが↓図のように囲みの部分は「出退勤」テーブルのポータルになっています。
スクリーンショット 6


なので、「出退勤」テーブルを見てみると↓図のようになっています。
このようになっているとデータを二次利用しやすくなりますね。休暇を何日取っているとか、有給を何日とか・・・いろいろできます。
スクリーンショット 7


話を元に戻しましょう。
まずは「休暇の時は朱く塗つぶす」からいってみましょう!
これは、どおってことないですよね。

まずはブラウズモードからレイアウトモードにしましょう。
勤務区分フィールを右クリックするとサブメニューリストがでますので条件付き書式をクリックです。
151116-0002.png

すると、条件書式設定画面が表示されます。
ここで条件を設定します。条件は値が“休暇”に等しい時となります。結果として塗つぶし色を朱にします。
スクリーンショット 8

これで、休暇が選択された場合には塗つぶされるようになります。

「なんで色分けする必要があるんだ?」って本当に今日上司から質問がありました。
それは見た目をわかりやすくするため!それ以外にありません。でもそういったことが重要なんですよ。

さてここでは、条件式に文言として“休暇”を入れてありますが本当は数字の方がいいと思いますよ。
なので、1=出勤、2=休暇 のようにマスターデータを作っておいて番号を入力すると文字が表示されるのようにするとよいわけです。まあこの辺は意味がわからなければ流してください。

今日はここまでッス。

スポンサーサイト
[ 2015/11/15 17:57 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/539-c26026de









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。