スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FileMakerで業務日誌を考える 20

いや〜どうも。

先日、はじめてFileMakerカンファレンスに参加しました。
佐合さんのセッションでは、かなりマニアな内容になっていましたね。そこまでFileMakerでできるんだという驚きとともにそこまでやらんでもええやろ、とも思った次第です。でもいつも勉強させてもらっています。

さて、いかの項目の順で書いていますが、前回はポップオーバーを使って休暇内容を入力できるようにしましたね。

・休暇の時は朱く塗つぶす
・休暇の場合は休暇内容を入力する
・休暇の場合には勤務時間の“〜”を表示しないようにする
・フィールドに併せて文字を小さくする
・カスタム関数を作って時間の“:”を自動入力する
を考えてみようってなことですね。

今回は
暇の場合には“〜”を表示しないようにする
です。

これもどうってことないですね。ver.13から追加された機能を使います。
その機能とは「オブジェクトを隠す」機能です。

では、いってみましょう!
まず、前回までで出来た様子を見てみましょう。

▼前回まで
スクリーンショット

井上さんが休みなんですね。映画でも見に行ってるんでしょうか。
それはさておき、今回の目標は↓の様にすることです。
スクリーンショット 1

わし「え、何処が違うかって?」
伊藤「あんまりかわってないですよね、違いがわかりません」
わし「なんいうてんねん」「せやからお前は違いのわからへん男やって言われんねん」
伊藤「えー、違ってんのは・・・」
伊藤「あ〜、井上さんの行、“勤務シフト区分番号ボタン”が無くなっていますね」「それから“〜”もないですね」
わし「正解」

わし「まだあるよ」
伊藤「あ!わかりました」「伊藤さん以外は“>”ボタンが消えています」
わし「そう」

伊藤「先輩、質問です」「伊藤さんの行の“ボタン”や“〜”を消した理由は何なんですか?」
わし「そら、かっこええからや」「スッキリしてみた目がええっちゅうことや」
伊藤「それだけですか」
わし「あと、機能的には・・・」

 実はこのファイルの仕組みとして勤務シフト番号をクリックして選択することにより出勤時間や退勤時間そして勤務部署が自動的に入力されるようになっています。

伊藤「そうか、だから休暇の場合でも間違ってボタンを選択すると出勤時間などが入力されてしまう」
わし「そう、整合性がとれないよな」「休みなのに勤務しているみたいで」
伊藤「なるほどね」

伊藤「じゃあ、井上さん以外の行に“>”ボタンが無いのも?」
わし「同じ考えやな」「勤務しているのに有給みたいなことにならないように」

▼通常勤務なのに休暇事由を入力している!
スクリーンショット 3

他人のためにファイルを作る時には、このようなミスを防ぐように作ることを心がけることが重要ですね。
以上の理由から不要なものは消してしまいます。

それでは消してみましょう!
と思いましたが長くなったので今日はここまで。

スポンサーサイト
[ 2015/11/29 11:56 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/542-6d2544be









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。