FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FileMakerで業務日誌を考える 24

いや〜どうも。

今年も早いもので終わってしまいますね。
この一年を振り返ってみてどうでしたか?

来年のこの時期を迎えた時に「あ〜、今年は最高の年を過ごせたな」って言いたいと思います。
来年のやってみたいことは、

●FileMakerセミナー
●FileMakerの資格取得
●機器ファイルの共同開発の完了

です。


さて、今年最後の記事です。

前回はカスタム関数 Lengthb ( テキスト ) を使用して指定したフィールドの文字バイト数を求めましたね。
下の図を見て下さい。この例ですとカスタム関数の結果には午後勤務フィールドの文字バイト数が表示されています。

スクリーンショット 23

午後勤務には全角文字で5文字まで入ります。 (指定した文字の大きさだと) バイト数だと10です。
で、ここからは力業で行きます。

考え方としては、
バイト数 > 10 ならば文字の大きさを 12pt から 10pt に下げる。
で、10pt の全角文字なら ... ... 。
実際に入力してみると、6 文字まで折り返さずに表示することが出来ます。
バイト数で言うと 12 なので バイト数 が 12 までならば文字の大きさは 10 pt でいけることになります。

なので条件式としては
 バイト数 > 10 and バイト数 <= 12 ならば 文字の大きさ 10 pt
となります。

つづいて、全角文字でのバイト数が 12 を越えたら
 バイト数 > 12 and バイト数 <= 16 ならば 文字の大きさ 8 pt
というように条件を追加していきます。

この考え方で式をいくつか作り、条件付き書式に指定します。
それで、式一つ一つに書式を割り当てていくわけです。

スクリーンショット 25

▼条件付き書式
スクリーンショット 26

式に当てはまれば、 [ その他の書式 ] をクリック後文字サイズを指定します。

はい、これで、なんちゃって 「縮小して全体を表示」 ができました。

伊藤「へー、なるほどね」 「でも ... 」
わし「お、どないしたんや」
伊藤「これって、全角の場合はいいですけど半角英数字が入った場合ってスペースに余裕があるのに小さくなりませんかね」
わし「そうなんや」

そうなんです、これだと半角英数に対応していないのでかっこ悪いんです。
そこで、条件式を変える必要がありますがここも力業でいきますが、長くなったので今日はここまでです。

みなさん、よいお年をお過ごし下さい!
スポンサーサイト
[ 2015/12/31 18:24 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/546-f96af0e0









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。