スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

業務日誌シリーズ 2章 申し送りを考える 1

いや〜どうも。

現在のFileMakerの最新バージョンは14ですね。
作る側としてはとてもよく出来ているので「作業するなら14だよね」なんて思っているのですが、職場にはServerのVer.10を使っているので当然FileMakerもそれに対応したVer.11を使わざるを得ないといった状況です。ざんねん!

さて、今回は業務日誌シリーズの第二章として 申し送りを考える を始めます。
申し送り、業務には欠かせないですよね。
これがおざなりになると、「きいてないよ!」、「ちゃんと伝えとけよ!」などと人間関係にも悪い影響をもたらします。

毎日、同じメンバーが常にいるのならば、その日その日にあったことを申し送っていけばよいのですが通常は誰か休みの人がいるのが普通です。その人の出勤が2、3日後とかになるとつい申し送りそびれてしまうなんて事はありませんか?
申し送りされる内容って単発で終わることは少なく、継続性があって一つの内容に対してこの日はどうだった、次の日はどうなったっていう風に申し送られていくのが普通です。
この継続される事項が長期になってくると、その事項に対しての申し送り自体が風化してくるって事はよくあることです。

で、今のようにデジタル化が進んでいない時代はどうしていたか?
一つの方法として「帳面」を活用するがありました。
その方法は大学ノートの上部にタイトルを付けたあと、それに対する出来事をタイトルの下に日付、記載者などを付け加えて書いていきます。終わった項目は朱えんぴつで塗りつぶしていくという具合で。

▼大学ノートを利用した申し送り法
スクリーンショット 2

この方法、わりと効果的でしたがいくつか不満もあります。
●ノートのある場所でしか記載できない、読めない。
●項目が多くなってくると記事を探すのが煩雑になってくる。
●完了済みと継続中のタイトルを一目で見ることが出来ないためわかりづらい。
●思ってたよりも一つのタイトルに対する記事が多くなってしまし紙面のスペースが無くなってしまう。
などがあります。

今回は発想として帳面による方法を元に、これらの不満も解消していくことを考えていきます。

今日はここまでッス。

スポンサーサイト
[ 2016/01/31 11:01 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/550-cf2af445









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。