スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

業務日誌シリーズ 2章 申し送りを考える 4

いや〜どうも。

前回は3つあるテーブルの役割を説明しました。

●インターフェイス
●スレッドタイトル
●申し送り事項

今回は実際にレイアウトしていきましょう。
「申し送り事項」はデータをためていくためのテーブルです。
表に出るようなテーブルではありませんのでレイアウトの必要ありません。

今回はスレッドタイトルテーブルをレイアウトしていきます。
イメージするのは大学ノートです。

▼イメージ
スクリーンショット 2

で、作ろうとしているのはこんな感じです。

▼タイトルテーブル
スクリーンショット 2

では、早速やってみましょう。
スレッドタイトルテーブルの各フィールドを下記のように配置します。

スクリーンショット 3

できましたか?
今使っているFileMaker は Ver.14 なのですが、
おやおや、以前のバージョンにはなかった、見慣れないものがありますね。

下の図を見て下さい。
フィールドの右下に四角の中に[・・・]のあるマークがありますね。

スクリーンショット 4

これはVer.14から新たに取り入れられた機能で プレースホルダー と言います。
下の図は新規にレコードを作成したところです。
フィールドが空になっているのですが、ラベルを表示しなくても何を入力すればよいかわかるようになっています。
また、例えば日付を入力しておく時に 2014/01/01 のように予め入力形式を表示しておくのにも役立ちます。

▼プレースホルダー
スクリーンショット 5

とても便利な機能で以前にくらべて、とっても簡単にこういったことができるようになりました。助かりますね。
やり方はいたって簡単です。
プレースホルダーテキストを表示したいフィールを選択しインスペクタに文字を入力するだけです。

▼インスペクタから文字を指定
スクリーンショット 6

今日はここまでッス。
次回はポータル部分設置です。

ダブルバトルの方が面白いね。
スポンサーサイト
[ 2016/02/11 18:47 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/553-c553db6f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。