FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

業務日誌シリーズ 2章 FileMakerで申し送りを考える 12

いや〜どうも。

さて、今回は「新規スレッドを立ち上げる」です。
↓図を見て下さい。「新規スレッド作成」というボタンがありますね。

スクリーンショット 19

新しい一つの話題として申し送り事項が出来た時には...例えば「IABP定期点検について」のように新たな項目を起てる...の様な時にはこのボタンをクリックします。

この時、期待する動作としては
●新規ウインドウ→●タイトル入力→●ウインドウ閉じる
となります。

これはスクリプトで制御しますので、その中身を見てみましょう。
はい、こんな感じです。6行目で新規レコードとしているのがやや強引な気もしますが、まあ良しとしましょう。

スクリーンショット 16

1行目:新規ウインドウですがこちらはオプションでモーダルを選択します。さらにコントロールのチェックは全て外します。
これでウインドウを勝手に閉じることは出来なくなります。ウインドウを閉じるためには専用のボタンを用意しなければならないのです。これは後述しますね。

スクリーンショット 18

3〜5行目までは新規ウインドウの体裁を整えるための命令文です。
6行目:新規にスレッドを立てるわけなので新規レコードとしました。要は1データ作るって事です。ちょっと乱暴な気もしますがまあよいとしましょう。本当はコミットやロールバックする仕組みを作った方がよいのかも知れませんね。
7行目:タイトルフィールドへ移動します。

このスクリプトで得られた結果が以下です。
新規スレッドウインドウが新たに起ち上がり、タイトル部分にカーソルが移動しています。
ウインドウを閉じるボタンが一番上に設置してあります。このボタンにも別のスクリプトを割り付けますがこのボタンがないと新規スレッドウインドウを閉じることが出来なくなります。


▼新規スレッドウインドウ
スクリーンショット 20



今日はここまでッス。
次回はウインドウを閉じるに割り付けるスクリプトについてです。

では。
スポンサーサイト
[ 2016/04/11 14:26 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/562-2323492f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。