FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

業務日誌シリーズ 2章 FileMakerで申し送りを考える 19

いや〜どうも。

さて、前回で申し送りは一応完成と言うことでどんなことが出来るかは伝わったと思います。
で、今回はもっと実用的なことを考えてみましょうというものです。

臨床工学技士の業務体制を考えてみましょう。
各施設様々ですがおおざっぱに言うと業務内容は血液浄化、機器管理、ope室などに別けられますね。
ここではそれぞれの業務を班で行っていると考えて、スレッドタイトルテーブルに班フィールドを新たに追加します。
それで、各班毎のスレッドをフィルタリング出来るようにすることを考えてみます。

シチュエーション設定としては、
一週間毎に各班をローテーションしている業務体制としましょう。
「おれ、明日から機器管理班なんだよな、ここ最近の出来事ってなんかあったかな、確認してみよう」
なんてことを想定します。

▼班フィールドの追加
スクリーンショット 3

次にインターフェイステーブルに「班フィルター」フィールドを追加します。これはグローバルフィールドにします。

▼班フィルターフィールドの追加
スクリーンショット 4

で、レイアウトを下のようにします。終了したタスクの下にポータルをコピペです。
タイトル部を先ほど追加した班フィールドにします。

▼ポータルの追加
スクリーンショット 5

ポータルフィルターを次のように設定します。

▼フィルターの設定
スクリーンショット 6

ここで更新ボタンを新たに配置してスクリプトを割り付けます。
スクリプト内容は以下を参照下さい。
ここでの注意点はウインドウ内容の再表示のオプションでキャッシュ結合結果を...にチェックを入れます。
これについては深く考えず、関連レコードの更新を行うための儀式だなと覚えておいて下さい。

スクリーンショット 7

はい、出来上がりを見てみましょう。
班フィルターを値一覧で登録後、任意のものを選択し「更新」するとフィルタリングできましたね。
スクリーンショット 8

意外と便利ですよね。
そして、便利なものって必ず継続します。
新しいものを作って継続していたら・・・うふっ、それってみんな便利だと思っている証拠です。

次回は、同じようなものを作ります。

今回は連続更新でした。
くみさん、少しは役に立ってますか?

今日はここまでッス。
スポンサーサイト
[ 2016/05/26 22:22 ] 業務日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/569-ef775a65









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。