FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FileMakerでチャーム表示機能を実現する 3

いや〜どうも。

サッと書いてパット寝る。
さて、前回はスライドコントロールを設置しましたが今回はここにボタンを配置します。

その前に、ボタンに貼り付けるスクリプトを先に書きます。
目的として、このスクリプトはスライドコントロールの画面を遷移するためのものになります。

はい、↓図です。

▼スライドコントロールの画面を遷移するためのスクリプト
スクリーンショット 10

一応解説です。
1行目:画面遷移の時にシュルシュルっとアニメーションさせるため。
2行目:スクリプト引数が goto1 の時は
3行目:オブジェクト名1へ移動(←前回名前付けたアレ)
4行目:スクリプト引数が goto2 の時は
5行目:オブジェクト名2へ移動(←前回名前付けたアレ)

ということになります。

ではボタンです。配置するのはスライドコントロールの2番目上になります。
ボディ部分の画面左端の若干内側に配置します。上下もスライドコントロールエリアからはみ出さないようにします。はみ出てしまうとスライドコントロールの2番目だけでなく1番目にも表示されてしまいます。これではいけません。

ボタンにタイトルは付けず、先ほど作ったスクリプトを割り付けます。
色は背景色と同じものにします。

▼ボタン配置と色
スクリーンショット 11

今日は眠くなったのでここまでっシュ。
次回はちょっとだけ工夫だよ。
スポンサーサイト
[ 2016/06/26 23:25 ] TIPS | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/576-a012dc3c









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。