FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

値一覧にオブジェクトを表示させる 2

いや〜どうも。

さて、もうちょっと続けます。
今回やりたいことは値一覧に画像を載っけるって事。
実際には次のようになります。

スクリーンショット 24


値一覧です。値一覧機能ではなくポップオーバーボタンを使っています。

それでは前回の続きです。
前回はテーブルとフィールドについて書きました。

回はリレーションとscaleテーブルにデータを入力する、です。

まずは、リレーションを組んでしまいましょう。
下図を参考にして下さい。ここでのポイントはリレーションが“=”ではなく、“×”で関連づけられていること。
こうすることで、スケールテーブルオカレンスの全ての値が関連づけされます。←理解でき無ければ読み飛ばして良し。

▼リレーション
スクリーンショット 19

つぎに、スケールテーブルにデータを入力しましょう。
データを入力するには予め元となる画像データを準備しておきます。
それで、任意のオブジェクトフィールドを右クリックして挿入を選びます。(↓図参照)

スクリーンショット 25

あとは、任意の画像を放り込みましょう。同様の操作を繰り返して以下のデータを作成します。

スクリーンショット 22

今日はここまで。

スポンサーサイト
[ 2017/01/29 14:28 ] 値一覧に画像 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/593-d77cee84









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。