スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボタンバーを使った検索を考える 1

いや〜どうも。

今回は、あまり作り込んでいないファイルについて、ボタンバーを使った検索機能のお話です。
まあ、職場で使っているファイルでの話なんですけどね。
では、その辺のことからまず説明します。

ファイル名は「稟議書」です。
当院のシステムとして、修理やら一万円を超える消耗品の請求やらは稟議書を事務に提出します。

一昔前ですと、所定の用紙に必要事項を記載して提出って事になるのですが、さすがに今の時代でそれはないです。
それで、今は事務方でExcelで作ったものを各自でPC複製。その後、Excelで入力、プリントアウト、事務へ提出となります。

なんとも中途半端な仕組みですね。
Excelを使ったシステムのデメリットはいくつもあることは皆さんご存じの通りなのです。
「FileMaker使い」としては当然FileMakerでやっちゃうわけです。

5年ほど自部署内の自班でのみ使用(人数で言うと2、3人)していました。最近になって、自部署内の各班にFileMakerが導入になったこと、FileMaker Serverも14を導入したことで他班にも解放しました。

すると、使用率が一気に上がったためデータ数がどどーんと増えることになりました。
他班が請求分も把握することができるというメリットはあるのですが、自班に関係ないデータも半端ねえ、「一体全体俺の作った書類はどれなんだ」と探すのに時間が掛かるというデメリットが出てきました。

前回提出した書類の使い回しや事務からの問い合わせに対して「○月○日に提出しています」なんて事もありますから、けっこう過去のデータを見ることも多いのです。

ということで、ちゃちゃっとカテゴリでデータを抽出しようってことを思いついたのが今回のお話です。


このファイルですが、特に作り込んでいるわけではなく、単にExcelの代わりに使用するということで作りました。
ですので、今回のようにカテゴリー検索や、日付検索などは全くありません。ポータルも使っていません。TOも一つだけのほんと単純なファイルです。データの絞り込みと言うことなので、ポータルの利用や検索によるものなどいくつか方法はありますね。今回は検索を使います。

長くなったのでここまで。
スポンサーサイト
[ 2017/02/04 10:03 ] ボタンバーを使った検索 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/597-edd3b6a6









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。