FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボタンバーを使った検索を考える 11

いや〜どうも。

東京マラソン、お天気にも恵まれて絶好のマラソン日和でしたね。
来年はぜひ参加したい!

さて、前回はラベルの挙動でしたね。
今回はもう少し説明です。
では、どうぞ。

わし「↓図のようにフィールド1に入っているデータによってボタンラベルが変わんねん」
伊藤「それは、ラベルの部分にGetValue関数を使っているからでしたね」
わし「そーや」

▼ラベルとフィールドの関係
170225-0004.png

わし「ここで、重要なんはフィールド1が値一覧としての役割を果たしていることやねん」
伊藤「なるほど」
わし「そして、りんご と みかん の間は改行されてるっちゅう事やねん」
伊藤「たしかにりんごとみかんの間はキーボードのリターンキーを叩いて改行しました」「そのことですね」
わし「そーや」

わし「それでこの形、つまり、改行されたデータとしてフィールド1に目的の結果が入力されたら・・・」
伊藤「されたら・・・」
わし「ボタンラベルが動的に変化するっちゅう事やねん」
伊藤「なーるほど、ザ・ワールド、春の祭典」
わし「そら、古過ぎやで」「お前、いくつやねん」「だーれも知らんで」

伊藤「でも、先輩」「改行区切りのデータってどうやるんですか」
わし「まあ、いろいろと方法はあるがな」「Virtuallistやったり、検索して集計やったり...」
伊藤「先輩、Virtuallist 好きですもんね」
わし「そーやVirtuallistについてはここを見たらええ」「でもな、今回はExecuteSQLで行こう思うてんねん」
伊藤「ExecuteSQL記事はここですね」

今日はここまで。
スポンサーサイト
[ 2017/02/26 14:46 ] ボタンバーを使った検索 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/607-b811fa02









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。