FC2ブログ














スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボタンバーを使った検索を考える 12

いや〜どうも。

もう2月も終わりになりますね。寒さも和らいでくるので、春を迎える準備をしないとね。

さて、前回は果物の名前を使ってラベルの挙動について説明しました。
今回は再び稟議書に話を戻します。

わし「ということで、ラベルの挙動はガッテンしていただけましたでしょうか」
伊藤「はい、ガッテン、ガッテン」
わし「では、話を戻します」
わし「数回前の記事になりますが、稟議書の話の中で下のデータを作りましたね」

▼図1 値一覧用のデータ
スクリーンショット 1

伊藤「ええ、覚えています」
わし「えー、これからやることは・・・」
伊藤「やることは・・・?」
わし「これを元に値一覧を作ります」
伊藤「ほー、値一覧を」「簡単ですね」

わし「それから、その値一覧を元に ExecuteSQL を使って任意の改行データを得ます」
伊藤「ほー、SQL」「なんか久しぶりであんまり覚えてないですね」

わし「最終形態としては下図の様になりますよ」

▼カテゴリが値一覧化されている
スクリーンショット 7

伊藤「また、値一覧がでてきましたね」「ここで言う値一覧はアレですか?」
わし「ちゃうちゃう」「ここで言う値一覧は、普通の値一覧や」
伊藤「なんかややこしいですね」

わし「伊藤くん、早速やけど図1から部門の値一覧を作ってくれへんか」
伊藤「お安いご用で」

スクリーンショット 8

伊藤「こんなもんでどうでしょう」
わし「えー感じやな」

わし「では、次にいま作った値一覧を反映させるフィールドを用意しよか」
わし「↓図を参考にして欲しい」

▼追加フィールド
スクリーンショット 9

伊藤「先輩、3つも追加していますが」
わし「後で追加するのも面倒やから、ついでに全部追加しました〜」
伊藤「値一覧を反映させるフィールドはどれなんですか」
わし「g_部門です」

今日はここまで。

最近は、selector connector モデルで簡単なやつを作ろうと勉強しています。



スポンサーサイト
[ 2017/02/27 18:36 ] ボタンバーを使った検索 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/608-02101864









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。