スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボタンバーを使った検索を考える 15

いや〜どうも。

来年度は忙しくなりそう。前半に学会発表2演題、マラソン、大学。
何事も先延ばしせずに、少しずつ積み重ねていこう。

さて、今回で最終回です。
前回までで、ボタンバーのラベリングの仕組み、ExecuteSQL関数でデータ抽出、そのためのスクリプト作成まで終わりました。
今回はそのスクリプトをどう起動させるかです。

伊藤「ラベリングの手順としては」
わし「手順としては・・・」
伊藤「カテゴリを選ぶ→スクリプトが起動する→データが抽出される→ラベル表示」「ですね」
わし「そーや」

伊藤「それで、今回はカテゴリを選ぶ→スクリプトが起動する」「この部分に焦点を当てるわけですね」
わし「そーや」

伊藤「まあ、これは簡単ですね」「スクリプトトリガでしょ」
わし「そーや」
伊藤「フィールドを右クリックして」

スクリーンショット 4

伊藤「ここをチェックですね」
わし「そーや」

▼スクリプトトリガの設定
スクリーンショット 3

伊藤「やったー、これで完成ですね」
伊藤「あっ、でもこのままだとカテゴリを切り替えた時に前のボタンセグメントがアクティブの状態になったままですね」
わし「そんな時はここをこーや」
伊藤「あんっ、ちょ、ちょっと先輩、どこ触ってんですか」

スクリーンショット 5

わし「いや、マウスを触っとるだけやろ」

わし「この指定を選択して計算式に""を打っといたらええねん」
伊藤「あ、本当ですね」「アクティブ状態が解消されました」

はい、以上で動的ボタンの終了です。
稟議書から始まって思わぬ展開になりましたね。
この記事を書くまで全く思いつかなかったのですが、途中ではっと閃いたのです。
こういう思いつきが上手いことはまると楽しいですね。これがFileMakerにはまる要因でしょう。

では、またいつか。

セレクターコネクター・・・
スポンサーサイト
[ 2017/03/20 22:41 ] ボタンバーを使った検索 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iwkt.blog94.fc2.com/tb.php/611-5a442c66









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。